キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
メンタルトレーニングではない1対1のスポーツメンタルコーチ
「望む結果を出すアスリート」と「望む結果を出すアスリート」を育成する
「スポーツメンタルコーチ」を増やすRe-Departure 代表 鈴木颯人オフィシャルサイト

素直でないと思われる人ほど使う口癖

選手をやっている以上は、

監督やコーチから指導を受ける回数が増えてきます。

 

指導者が話してくれる内容の中には、

自分にとってプラスになることや、

まったく理解出来ない事を話すケースも・・・





特に、

多くの指導者がいるプロ野球やJリーグのチームでプレイする選手にとって多くのアドバイスによって迷いやすい環境でもあります。






そういった指導者が多い環境の中だから、

自分の考えをしっかりと持てないことが起きます。






だから、

「軸を持て!」と言われます。






あれだけの数の指導者がいる・・・

一人一人違うことを話されていれば、

どんな選手だって何を信じたらいいのか迷うのが普通です・・・





だから、

どの指導者についていくべきなのか?

どの考えを自分に取り入れるべきなのか?


迷い続け調子を落としていきます・・・






そうならないためには、

自分を守るしかない・・・






そういった思いがある選手ほど、

ある言葉を使う傾向にあります。







それが、

「でも・・・」です。

英語だと「But」にあたります。






この言葉、

本人は自分の意見を他人に伝えようと思って使う言葉です。



しかし、

言葉をしっかりと理解せずに使うと自分が苦しむ事になります。

というのも、

「でも」という言葉を英語に訳し意味を調べるこんな事がわかります。

それは、

先行する内容と対立する情報を導入する働きをする」

として使われます。





つまり、

「相手の意見を無意識に否定する言葉」なんです。






ということは、

いつも「でも・・・」と連呼されると相手にどんな印象を抱くでしょうか?






自分の意見を否定され続けるので、

「もっと素直になれよ!」

と声を掛けたくなるかもしれません・・・






さらには、

「もうコイツには教えたくない・・・」

と想いを抱くと思います・・・






素直になりたくて、

指導者に意見を求めているのに、

「でも」という言葉で相手に悪い印象を無意識で抱かせている選手が多いのです。






この「でも」

という言葉のパターンをもし頻繁に使っていたら、

自分の可能性を狭めているかもしれません。

是非、

使う言葉を大事にしてみてください。
 

 

 

 

 
 【このコラムの著者】
スポーツメンタルコーチ鈴木颯人,トップアスリート育成スポーツメンタルコーチ
鈴木颯人
 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

 

☆コーチング実績☆(2017.4.20現在)

 

プロ野球選手

2014年ドラフトで山下幸輝選手が横浜ベイスターズに指名


柔道選手

大住有加選手が全日本体重別柔道選手権(2014)で優勝


卓球選手

2015年全日本女子シングルスで森薗美咲選手が準優勝

 

空手選手

植草歩選手が2015年~16年全日本連覇、世界選手権優勝

 

スカッシュ選手

杉本梨沙選手がインカレ4連覇達成、アジア団体3位入賞

 

その他

ロンドンオリンピック日本代表・競泳選手

リオオリンピック日本代表・陸上選手
アイスホッケーU20日本代表

トライアスロン(日本代表)

フェンシング(日本代表)エペ・サーブル・フルーレ

卓球(日本代表)

プロサッカー選手(日本代表)
プロフットサル選手
プロボクサー
プロサーファー
総合格闘技
自転車競技(ロード、TT)日本代表

プロゴルファー
プロ・テニスプレイヤー
ソフトテニス

陸上競技(槍投げ・7種競技・短距離・長距離)

ビーチバレー
プロソフトダーツ
バスケットボール
アーチェリー

ボーリング
バトミントン

陸上ホッケー
スピードスケート
スノーボード
スキージャンプ
クロスカントリー
ライフル射撃
アメフト
ラグビー
ラクロス
空手(組み手、形)
体操競技(新体操、6種、4種)
剣道
弓道

水球
修斗(格闘技)
指導者(バレー、サッカー、陸上、バスケット)

 

etc..

鈴木颯人が提供する講座・セミナー

スポーツメンタルコーチになる為には?

スポーツメンタルコーチ

 スポーツメンタルコーチになる為だけでなく、サポートしている選手や息子さんの試合でのパフォーマンスを高め、望む結果を手に入れる為に必要な脳と心の仕組みについて学べる講座です。
 
 
 

 

 

モチベーションを高める目標設定の方法

 

スポーツメンタルコーチになるためには?
 モチベーションを高める為に必要な正しい目標設定です。チームや学校では誰も教えてくれない結果を生み出し続けてきたスポーツメンタルコーチだからこそ伝えられる目標設定の秘密を伝授します。
 
 

 

 

緊張や不安を無くし自信を高める方法

スポーツメンタルコーチになるためには?
 自信を高めたい時に、無理してポジティブシンキングをしてませんか?脳科学や心理学を交えた「自信を高める為に10分で出来る方法」を小学生でも理解できるようにお伝えるするセミナーです。
 
 
 

☆2013年12月から延べ人数で3000人以上の方が受講してます!☆

その他のおすすめ記事

結果を生み出す環境の原理原則 僕たちの性格は 遺伝子学‥ 続きを読む
結果が出ない時に疑う3つの「力」+1 結果が出ないこと、 ‥ 続きを読む
自分の感情から逃げると・・・ 試合で上手くいくか不安・・・ ‥ 続きを読む