キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
メンタルトレーニングではない1対1のスポーツメンタルコーチ
「望む結果を出すアスリート」と「望む結果を出すアスリート」を育成する
「スポーツメンタルコーチ」を増やすRe-Departure 代表 鈴木颯人オフィシャルサイト

小さな怪我が・・・

 

 

 

 

怪我が少ない選手、
 
怪我が多い選手、
 
競技を続けていくと
 
自然と増えていく
 
傾向はあると思います。

image

 

私自身も
 
高校まで野球をやってました。
 




小4で膝の怪我…
 
中1で座骨神経痛…
 
中2で腰椎分離症…
 
中3で大腿部の肉離れ…
 
高1で膝の怪我が再発…
 
高1で腰のヘルニア…
 
高2でカカトを負傷…
 
 
高3で野球肘…m(__)m
 
 
 
 
 
 
 
野球をしながらも
 
怪我がなかった年は無かったのかなと
 
改めて思います。
 
 
 
 
 
 
怪我が多い…
 



 
それは、
 
試合に出る可能性が無くなる…
 
活躍できるチャンスが失う…
 
アピールする機会が減る…
 
 
 
 
 
 
 
競技者として、
 
これだけの苦痛はありません…
 
 
 
 
 
 
土俵に立つことすらできない…
 
この不安な時期をどう過ごせばいいのか?
 
 
 
 
 
僕の最後は野球肘で終わりました…

ただ、
 
我慢できるレベルでした。
 
我慢して残りの半年をプレーしました…
 
 
 
 
 
今思えば、
 
本当に大きな怪我に
 
繋がらなくて良かったなと思ってます。
 
 
 
 
 
と言うのも、
 
スポーツメンタルコーチという仕事を
 
するようになってから怪我の話を

よくする機会が増えました。
 
 
 
 
 
 
私は、

怪我とメンタル
 
比例していると思ってます。
 
 
 
 
 
 
それだけ、
 
怪我をするとメンタル面に
 
大きな影響を与えます。
 
 
 
 
 
 
なぜこういった
 
小さな怪我、
 
大きな怪我を
 
防ぐことが出来ないのか?
 
 
 
 
 
それは、
 
皆んなに置いていかれる焦りだったり…
 
主力として休む事が出来ない使命感だったり…
 
 
 
 
 
 
 
精神的な余裕のなさ…
 
周りからの期待…
 
 
そして、
 
自分が本当に得たい目標を
 
見失っているからです。
 
 
 
 
 
 
自分が進みたい方向性、
 
自分が進みたい目標を、
 
 
見失ったときに、
 
人は目の前の事に一生懸命になります。
 
 
 
 
 
一生懸命になれる事は
 
とても素晴らしい事です。
 
 
 
 
 
ただ、
 
『自分が将来得たい夢、目標から自分を見たときに、今この瞬間を焦って頑張る必要はあるのか?』
 
と言うことなんです。
 
 
 
 
 
以前、
 
あるサッカー選手が
 
僕にメールをくれました。
 
 
 
 
 
「スポーツ推薦だからこそ、休めない…休んだら置いていかれる不安がありました。だから、少し痛かった怪我も無理してプレーを続けました。怪我は良くならず、悪化し続けました…けど、試合で使ってくれる監督、コーチの期待に応えるために頑張りました。けど、怪我は治ることが出来ませんでした。そして、サッカー選手として復帰することも出来ませんでした。」
 
 
 
 
 
彼は最終的に歩けなくなりました…
 
 
 
 
 
たかが怪我だったのかもしれません…




 
ただ、
 
どんなに小さな怪我でも、
 
大きな怪我に繋がる可能性を持ってます。



 
 
さらには、
 
その人の人生を狂わせるくらいの
 
大きな要因になりかねません。





置かれている状況は人それぞれ違いますが、

自分の目標、夢が何なのか?





正しい目標設定が大きな怪我を防いでくれるんだと思ってます。

 

 

 

 

 
 【このコラムの著者】
スポーツメンタルコーチ鈴木颯人,トップアスリート育成スポーツメンタルコーチ
鈴木颯人
 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

 

☆コーチング実績☆(2017.4.20現在)

 

プロ野球選手

2014年ドラフトで山下幸輝選手が横浜ベイスターズに指名


柔道選手

大住有加選手が全日本体重別柔道選手権(2014)で優勝


卓球選手

2015年全日本女子シングルスで森薗美咲選手が準優勝

 

空手選手

植草歩選手が2015年~16年全日本連覇、世界選手権優勝

 

スカッシュ選手

杉本梨沙選手がインカレ4連覇達成、アジア団体3位入賞

 

その他

ロンドンオリンピック日本代表・競泳選手

リオオリンピック日本代表・陸上選手
アイスホッケーU20日本代表

トライアスロン(日本代表)

フェンシング(日本代表)エペ・サーブル・フルーレ

卓球(日本代表)

プロサッカー選手(日本代表)
プロフットサル選手
プロボクサー
プロサーファー
総合格闘技
自転車競技(ロード、TT)日本代表

プロゴルファー
プロ・テニスプレイヤー
ソフトテニス

陸上競技(槍投げ・7種競技・短距離・長距離)

ビーチバレー
プロソフトダーツ
バスケットボール
アーチェリー

ボーリング
バトミントン

陸上ホッケー
スピードスケート
スノーボード
スキージャンプ
クロスカントリー
ライフル射撃
アメフト
ラグビー
ラクロス
空手(組み手、形)
体操競技(新体操、6種、4種)
剣道
弓道

水球
修斗(格闘技)
指導者(バレー、サッカー、陸上、バスケット)

 

etc..

鈴木颯人が提供する講座・セミナー

スポーツメンタルコーチになる為には?

スポーツメンタルコーチ

 スポーツメンタルコーチになる為だけでなく、サポートしている選手や息子さんの試合でのパフォーマンスを高め、望む結果を手に入れる為に必要な脳と心の仕組みについて学べる講座です。
 
 
 

 

 

モチベーションを高める目標設定の方法

 

スポーツメンタルコーチになるためには?
 モチベーションを高める為に必要な正しい目標設定です。チームや学校では誰も教えてくれない結果を生み出し続けてきたスポーツメンタルコーチだからこそ伝えられる目標設定の秘密を伝授します。
 
 

 

 

緊張や不安を無くし自信を高める方法

スポーツメンタルコーチになるためには?
 自信を高めたい時に、無理してポジティブシンキングをしてませんか?脳科学や心理学を交えた「自信を高める為に10分で出来る方法」を小学生でも理解できるようにお伝えるするセミナーです。
 
 
 

☆2013年12月から延べ人数で3000人以上の方が受講してます!☆

その他のおすすめ記事

結果を生み出す環境の原理原則 僕たちの性格は 遺伝子学‥ 続きを読む
結果が出ない時に疑う3つの「力」+1 結果が出ないこと、 ‥ 続きを読む
自分の感情から逃げると・・・ 試合で上手くいくか不安・・・ ‥ 続きを読む