TOP SERVICE CONTACT

スタッフ紹介

Staff

 

当社のスポーツメンタルコーチとして活躍する頼もしいスタッフを紹介します。各自異なった経験、強みがあります。ぜひそれぞれの仕事への思いも一緒に読んでいただけると嬉しいです。

 

橋本勇郎(はしもと ゆうろう)


スポーツメンタルコーチ,スタッフ紹介スポーツメンタルコーチという仕事に対する思い

 

アスリートにとって、一番充実している瞬間とはどのような時でしょうか。
結果を出している時?誰かに褒められた時? それは確かに嬉しいことかもしれません。
しかし、もっともっとあなたの心が満たされるのは、あなた自身の能力をフルに発揮し、競技することを楽しんでいる時なのではないでしょうか?
そんな記憶をたくさん残すことができれば、その競技人生はとても豊かな経験になると思うのです。
「心から愛する競技をハイパフォーマンスで楽しむ」
私は選手をサポートする中で、そんな瞬間を創っていくことができればいいなと思っています。

 

 

自分はどんな人か?
1993年富山県生まれ。スポーツメンタルコーチ。
中学~大学にかけての自身の競技経験の中でアスリートがパフォーマンスの発揮するにはメンタルの力が必要だと気づき、大学、大学院と心理学を学ぶ。 その傍ら2017年よりメンタルコーチとして活動を始め、プロアスリートを始め、アマチュアや学生など幅広いカテゴリのアスリートを対象に競技を問わずメンタルサポートをしている。Missionは「競技をハイパフォーマンスで最大限に楽しむアスリートを増やす」こと。

 

 

実績

 

パーソナルサポート

 

・プロモータースポーツ選手(コーチングを始めて4ヶ月で初優勝を経験し、国内トップクラスにクラスアップ。)

・高校サッカー選手(怪我からの劇的復帰で一気にチームの要になり、県内一部リーグ昇格へ導びく。) 

・高校野球選手(試合での緊張感を乗り越え、ここ一番の場面でヒットを放ちチャンスを演出。)

 

その他サポート競技

  1. サッカー
  2. 野球
  3. バスケ
  4. 卓球
  5. フェンシング
  6. ボクシング
  7. キックボクシング
  8. 総合格闘技
  9. 馬術
  10. 陸上競技(短距離、長距離)
  11. ダーツ
  12. スノーボード(ハーフパイプ)
  13. モトクロス
  14. フィギュアスケート
  15. 競技ダンス

…etc

 

チームサポート
・2017~2020:高校サッカー部
・2020~:eSports|SCARZ VALORANT部門

 

紹介記事
主役は選手。僕は足りないピースを見つけ出す立場でありたい
【メンタルコーチ 橋本勇郎氏インタビュー】

https://esports-world.jp/interview/10179

 

【スポーツメンタルログ(ブログ)】

https://sportsmental-log.com

鈴木からのコメント
ユーモアと叡智を兼ね備えたメンタルコーチ。大学院まで教育心理学を学んだだけあって最先端の科学に対する追及と究極の集中状態であるゾーンの研究も行っている。理論や知識などを満たしたい方はオススメです。

 

加藤優輝(カトウユウキ)

 

スポーツメンタルコーチ,スタッフ紹介

スポーツメンタルコーチという仕事に対する思い

 

「普通だったら」、「常識的に考えて」、「現実を見た方がいい」 そういった言葉によって夢や目標を否定される。 そんな経験をした方もいるのではないでしょうか? そんな言葉たちに、 心の声を掻き消されてしまうアスリートがいるのも事実です。 では果たして、 心の声に蓋をして競技を続けた先に、 何が待っているでしょうか? そこには心震える感動は待っているでしょうか? 私は、 熱い想いを持ったアスリートが、 心の底から競技を楽しんでもらいたいと思っています。 そのために大切なこと。 それが、 『心の声に正直になって生きる』 ということだと思うのです。 一人でも多くのアスリートに、 心の底から競技を楽しんでもらいたい。 そしてその先にある、 心震える感動を味わって欲しい。 そんな想いを抱きながら、 スポーツメンタルコーチとして活動しています。

 

自分はどんな人か?
6歳から22歳までプロサッカー選手を目指していたが、燃え尽き症候群によりプロになれずに現役引退。 一度はスポーツから離れるが、想いを持ったアスリートをサポートしたいという気持ちが沸き起こり、自身 が燃え尽き症候群になってしまった原因でもある、スポーツメンタルについて学び、スポーツの世界に戻っ てくる。 現在は、『自然の摂理と心の声に従って生きる』という信念を大切にし、プロスポーツメンタルコーチとし て、『誰もが心の声に正直になって生きられる社会』を目指して活動中。

 

 

サポート実績

  1. サッカー元日本代表選手
  2. プロサッカー選手(国内·海外)
  3. アマチュアサッカー選手(地域リーグ·高校サッカー)
  4. フットサル選手(地域リーグ)
  5. 地域リーグサッカーチーム(U-13.U-14.U-15.U-18.TOP)
  6. 高校サッカー部

 

 

鈴木からのコメント
大学時代までGKでプロサッカー選手を目指すも燃え尽き症候群により引退。海外のトライアウトに参加など、行動力と情熱はNo.1。フィジカルトレーナーとしての一面もあり、身体とモチベーションを同時に高めたい方にオススメ。

 

 

 

石井大樹(いしい たいき)

 

スポーツメンタルコーチ,スタッフ紹介

スポーツメンタルコーチという仕事に対する思い

 

私はスポーツメンタルコーチという仕事が楽しくて仕方ありません。日々アスリートの成長、変化を目の前で見ることができ、それを手助けすることができるからです。しかしそれは「楽しいことだけ」ということではありません。もちろん、アスリートが悔しいとき、悲しいとき、私も同じように悔しいし悲しくなります。しかし、そう感じるのは全力で向き合ってるからこそ。本気だからこそ、悔しいし悲しい、そして楽しいし嬉しいのです。本気でなければ、そんな風に思うこともないでしょう。目の前のアスリートと共に笑い、時に悔しさを味わい、そして一緒に喜ぶ。それが「寄り添う」ということだと思っています。「常に現場主義」これが私のモットーです^^

 

 

自分はどんな人か?
私を色で表すと「オレンジ色」です。なぜなら「情熱に従うこと」を大切にしているからです。情熱とは、好きなこと・やりたいことなどの先にあるもの。過去の私は人間関係によって、スポーツという情熱の炎を危うく消してしまうところでした。周りの目ばかり気にして競技に集中できないどれだけ頑張っても結果に繋がらない。そんな経験を通して気付いたことは、好きなだからこそ努力できるということ。だからこそ、情熱に従うことが人生をより豊かにできると私は信じています^^

 

実績

 

  1. 海外プロサッカー選手
  2. アマチュアサッカー選手
  3. アマチュアゴルファー
  4. プロeスポーツ選手
  5. プロeスポーツチーム
  6. 某大学 学生アスリート向けセミナー

 

鈴木からのコメント
大学の専門が栄養であったので食とメンタルに精通した数少ないメンタルコーチ。大学までアメフトの競技者で副主将としてチームを牽引。チームのメンタリティーを熟知し、その経験と理論を部活動やプロチームに提供。チーム向けにやって欲しい方にオススメ。

お問い合わせ

お名前※必須
メールアドレス※必須
メールアドレス(確認用)※必須
電話番号※必須
ご希望内容※必須


知ったきっかけは?※必須




ご希望の内容はありますか?
ご予算
こちらをお読みになり同意した上でお申込みください。
プライバシーポリシーについて