TOP SERVICE CONTACT

FC東京対鹿島アントラーズの試合視察

昨日は味の素スタジアムで行われた
サッカーの試合を見に行きました。
鹿島アントラーズ
天気に恵まれて、
最高のコンディションでの試合。
 
サポートしている選手のチームも勝ちまして
良い流れを保てていそうです。
 
コロナ禍の間は試合観戦を控えました。
サポートしている選手に迷惑をかけられない。
 
そんな想いから、
殆ど行きませんでした。
 
私自身も家にいる事が多く、
積極的に外出も控えました。
 
やっと落ち着いてきたので、
ここらで視察の回数を増やします。
 
やっばり現場が1番ですね。
伝わるものが多いです。
 
またテレビでは見る事が感じられない雰囲気や
視点が現場にはあります。
 
これから更にスポーツ界が盛り上がり、
コロナ終息を祈ります。
 
今回の試合視察で感じたのは、
両チームの雰囲気です。
 
雰囲気のいいチームって、
何かやってくれる感じがします。
 
雰囲気が良いチームって、
安心してみていられる事が出来ます。
 
逆に雰囲気が悪いと、
何か起きそうな予感がします。
 
予感なので非常に曖昧な表現ですが、
セットプレーなどでやられそうな気がします。
 
チームの雰囲気良さって、
試合で作られるものではありません。
 
チームの雰囲気は日常から生まれてきます。
チームの日常がどんな状況なのか?
 
それがそのままピッチに現れます。
だからチームビルディングなどが
サッカーには効果的なのでしょうね。
 
その上で、
この能力を爆発させる為に、
個別のメンタルコーチングが
有効になってくると思います。
 
有観客でも、
声を出しての観戦が??
 
無音の中でのサッカーは
プレッシャーです。
 
慣れそうで慣れない人もいると思います。
そんな選手をこれからも支えていきたいです。【このコラムの著者】 
スポーツメンタルコーチ鈴木颯人,トップアスリート育成プロスポーツメンタルコーチ
一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

その他の活動記録

 

その他のおすすめ記事

現場に答えがある 試合視察で千葉県にきました。もともと、私自身はずっと野球をしてきました。 それ以外の‥ 続きを読む
オリンピックメダリスト「荒賀龍太郎さん」との対談イベントを開催しました。 東京五輪でサポートしてました空手家の荒賀龍‥ 続きを読む
荒賀龍太郎さんの講演会に対談相手として登壇しました。 東京オリンピックで銅メダルを獲得された空手‥ 続きを読む