キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
メンタルトレーニングではない1対1のスポーツメンタルコーチ
「望む結果を出すアスリート」と「望む結果を出すアスリート」を育成する
「スポーツメンタルコーチ」を増やすRe-Departure 代表 鈴木颯人オフィシャルサイト

【第10期】スポーツメンタルコーチ養成講座開催レポート


スポーツメンタルコーチ

上田 恵さん(元ソフトボール選手)

1、受講理由

 2010年から2017年まで実業団でソフトボールをしていました。その中で思うような結果がでないことに加え、キャプテンとしてうまくいかないことが多く、辛い日々を過ごしていました。2014年のシーズン終了後には、引退を考えていましたが、最後の手段としてメンタルコーチングを受けようと決意し、2015年から引退まで、颯人さんのコーチングを受けました。その3年間はソフトボール人生最高の結果を残すことができ、さらに平凡な日常生活の中に幸福感や感謝の気持ちが生まれ、毎日下を向いてネガティブなことしかなかった人生がガラッと変わりました。私の人生を素晴らしいものにしてくださった颯人さんのようなスポーツメンタルコーチになりたいと思い、資格講座を受講することに決めました。

 

2、得られたもの

 同じ場所を目指す素晴らしい仲間に出会えたことが1番大きな収穫です。 結果を作っているものが何か、どうすればアスリートの力を出すことができるのかということを学ぶことができ、私自身の成長にも繋がりました。

 

3、今後の目標

 スポーツメンタルコーチとして独立し、アスリートが楽しく充実した競技生活を送る事ができるようにサポートしていきます!

 

スポーツメンタルコーチ

鵜澤隆聖さん(野球コーチ)

1、受講理由

 今回資格講座を受講したのは僕自身、高校野球の指導者として活動しています。その活動の中で技術的な指導だけでは勝ち続けることは厳しいと感じていました。そこでメンタル的なアプローチをプラスしたら勝ち続けることが出来るのではないかと考えて受講しました。

 

2、得られたもの

 コーチングとはなんだ?という部分から脳科学を用いたコーチング手法を学ぶことが出来ました。そして沢山のワーク、実践を通して対クライアントに対して堂々とコーチングが出来る準備が出来ました

3、今後の目標

 目標は高校の指導者として選手と共に全国制覇することです。

 

スポーツメンタルコーチ

杉村康之さん(会社員)

1、受講理由

 自分はスポーツの競技経験はありません。しかし幼い頃からの父の影響で スポーツの試合を見に行くことも多く、大学でスポーツ新聞部に所属し、 取材等を通じてスポーツへの思いが一層強くなりました。 就職してもずっと野球、ラグビー、応援団を中心に、自分なりにスポーツを 追いかけて来ましたが、いつかはスポーツに関わる仕事をして、少しでも 選手のためになることをやりたい、と思っておりました。 一方、仕事でも200名以上の職場の統括をする立場になり、日々社員と向き合う 中で「社員管理はメンタル」との思いを強くしておりました。 そんな時、鈴木颯人さんの存在を知り、この「スポーツへの想い」「メンタルへの 興味」 がクロスして「学びたい」と思うに至りました。

2、得られたもの

 まず、自分自身の「思い込み」に気づかされました。更に世の中を見ると人は 何かしらの「思い込み」を抱えていることも分かりました。また、「アクセルを踏み ながら、 同時にブレーキを踏んでいる人生」などの鈴木颯人さんの比喩がとても分かりやす く、 「言葉」の力や意味を深く考えるようになりました。

3、今後の目標

 「言葉」を大切にし、選手に真摯に向き合って、寄り添えるメンタルコーチに なりたいです。そして、選手の幸せに貢献するのが目標です。

 
スポーツメンタルコーチ
川渕 譲さん(サッカーコーチ)

1、受講理由

 私は、両下肢に障がいがありますが、いわゆる障がい者スポーツとしてサッカーをプレイし、世界大会への出場経験もありました。そこでの結果は良いものではありませんでした。問題として、自分の心の弱さがその結果に大きな影響があったことを実感し、心理学やメンタルコーチングに興味がありました。 この度、娘のサッカーチームで指導をさせていただけることになり、なかなか実技を見せることができない自分が、他に貢献できることはないか? チームとして、もう一段レベルの高い結果を出すために違った視点からの指導方法はないかと考え、以前から興味のあったメンタルコーチングの中で、TwitterやFacebookでの投稿内容でお気に入りの多かった鈴木さんの講座を受けることにしました。

2、得られたもの

 講座を通じて、物事に対する自分の考え方が、一方的で視野が狭いことに気づかされました。講座は、毎回新しい気づきがあり、物事に対する自分の視野が広がっていくことを実感しました。 物事に対する広い視野の重要性に触れ、理解できたことは、子供を持つ親としても、子供と共にその重要性を共有して理解を深めることで、子供自身が広い視野で物事を捉え、自分自身の意思決定に良い影響を与えるだけでなく、子供の人生そのものが良いものになると感じています。

3、今後の目標

 講座で身に付けたメンタルコーチングの手法や心の在り方についてスキルの定着と共に、より理解を深め、アスリートの皆さんの幸せに少しでも貢献できるよう活動していきたいと思います。

 

スポーツメンタルコーチ

井上 恵さん(主婦)

1、受講理由

 当初は息子たちの内面をサポートしたい、という気持ちで受講を決めた理由です。 が、申し込みから受講初日までの3ヶ月の間に、息子たちが長年お世話になったクラブチームの子供たち、指導者、保護者に対するサポートも出来るようになり、息子たちの原点であるクラブがより良いチームになれば。。という思いもありながらの受講の日々でした。

2、得られたもの

 何と言っても、志を高く持ち、応援し合い、励まし合い、語り合える仲間との出逢いです。 また、スポーツメンタルコーチという仕事の奥深さとして、脳科学、心理学、などの分野において知識のほんの一端ではありますが、触れることが出来私自身の思考は豊かなものなりました。 さらには、自分を知り、今後豊かに幸せになるためのメンタルを手に入れるためには、どうするか?を追求していく楽しみも増えました。

3、今後の目標

 今後は亀のような歩みかもしれませんが、知識の習得とスキルアップのための活動、さらにはたくさんの人との繋がりを大事にした活動をスタートしたいと考えています。 と、同時にクラブチームや応援サポートをしたい!と考える親御さんや指導者の方たちへのスポーツメンタルコーチングの普及、コーチングセッションの提案などで、目標達成のお手伝いが出来るスポーツメンタルコーチになります。  3ヶ月間大変お世話になりました。 ここにしかない出逢いが、私にとっては、とてつもなく素晴らしい出逢いとなり、これからワクワクすることばかりです。 なかなか思うようには行かないかも?という思い込みもありますが、少しずつ前進します。 颯人さんの今後の活躍もチェックしつつ、私たち10期の子供たち?の活躍を祈っていてください。

 

 

 
 

1、受講理由

 

 

2、得られたもの

 

 

3、今後の目標

 

 

 

 

 

スポーツメンタルコーチ

 
  【講師のご紹介】
スポーツメンタルコーチ鈴木颯人,トップアスリート育成スポーツメンタルコーチ
鈴木颯人
 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
次回の資格講座のご紹介

 

スポーツメンタルコーチ

 

スポーツメンタルコーチ資格講座は「日本スポーツメンタルコーチ協会(R)」にて発行されている資格です。One Athlete,One Mentale coachの理念を掲げスポーツメンタルコーチの普及に力を入れております。
>>次回以降の日程はこちらからご確認下さい。

 

 

その他のおすすめ記事

「モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術」の発売が決まりました。 ‥ 続きを読む
FMヨコハマに出演しました! 緊張したー… ラジオ聴いてくれ‥ 続きを読む
【第9期】スポーツメンタルコーチ養成講座開催レポート 鈴木 順子さん(主婦) ‥ 続きを読む