TOP SERVICE CONTACT

失敗をしたくないと思ったらメンタルを強くするしかない

スポーツメンタルコーチ
『失敗したくない』
『失敗を繰り返したくない』
そして、
『成功したい…』
 
 
スポーツで頑張るという事は、
ずっとずっとこの失敗と成功を行き来します。
 
 
そうしない為に、
練習を繰り返す日々だと思います。
 
 
指導者に指摘されながら、
上達する為の方法を模索します。
 
 
そして、
限りなくゼロに近い形で
完璧さを私たちは試合で求めます。
 
 
競技によって失敗が
絶対に許されないものもあります。
 
 
それでも、
失敗に怯えながら
理想のパフォーマンスは出せるのか?
 
 
それは無理なんです。
恐怖心に勝つ為にできる事もあります。
 
 
しかし、
それって対症療法なんです。
 
 
それ以上に、
恐怖心がそもそもでない為に
出来ることは何か?
を考えたいのです。
 
 
その一つに、
「失敗する数を決めておく」です。
 
 
例えば、
ある野球選手はフォアボールを
出す事が嫌でした。
 
 
どんなにすごい野球選手であっても、
フォアボールを出さない選手はいません。
 
 
だから、
フォアボールを出さない為に
完璧を求めることは無理なんです。
 
 
無理なことをすると必ずメンタルにきます。
無理は禁物。
 
 
できる範囲から少しだけ
背伸びするくらいでOKなんです。
 
 
では、
どんな背伸びが必要なのか?
 
 
それが、
「失敗の数を事前に決めておく」になります。
 
 
野球だと、
年間に何回失敗していいか?決めます。
 
 
凡打の数。
エラーの数。
フォアボールの数。
などなど。
 
 
競技によって決め方は様々です。
この点はメンタルコーチと
相談するといいでしょう。
 
 
もちろん、
このやり方がうまくいかないケースがあります。
 
 
本田圭佑くんのように自分を追い込む方が
結果を出せる人もいます。
 
 
どの方法が自分に合うかは
試しながらやってみて下さいね。
 
 
この世の中にある成功方法の全ては
合う合わないが必ずあります。
 
 
それは皆さんの食べ物の嗜好と同じように、
人それぞれ違うのです。
 
 
私はメンタルトレーナーではないので、
「〇〇をやってください」はありません。
 
 
科学的に正しくても、
選手によって
伝えないこと、
伝えることを選んでます。
 
 
1人1人の選手に寄り添う為にも。
ブログの内容についてはあくまでも参考程度に。
 
 
自分に合った方法を知りたい方は、
セミナーや体験コーチングを受けて下さい。

 

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む