TOP SERVICE CONTACT

「スポーツに夢中な子どもを増やしたい」須藤由紀さんのスポーツメンタルコーチングへの想い

スポーツメンタルコーチ資格講座卒業生インタビュー第14弾

 

??今回の主役は当資格講座第13期卒業生であり、現在プロスポーツメンタルコーチとして活動している須藤由紀さん。バスケットボール選手の息子のサポートをしていく中でよりメンタルから支えたいと思い当資格講座を受講。

 

資格取得後はジュニア選手を中心にサポートし、子どもたちがスポーツに夢中になれる環境を作りたいという目標を語る彼女にスポーツメンタルコーチングへの想いと資格講座の経験談を聞いてみた。


 

私たち親子を成長させてくれた。スポーツメンタルコーチになるきっかけとは

 

-須藤さんがスポーツメンタルコーチングに興味を持ったきっかけを聞かせてください。

 

私には10歳からバスケットボールをしている息子がいます。私自身はスポーツを本格的に取り組んだことはないのですが、息子のサポートをしていく中でスポーツでのメンタルの重要性に気づきました。そんな時にたまたま颯人さんの本に出会ったのがスポーツメンタルコーチングに興味を持ったきっかけでした。

 

-どうして鈴木さんの資格講座を選んだのでしょうか?

 

元々、私が息子に色々アドバイスしている時は一向に良くならなかったのですが、颯人さんの本を何冊か読んだりセミナーを受けてスポーツメンタルコーチングを学ぶ中でまず自分も変わる必要があることに気づきました。学んだ色々なことを意識しながらシェアしていったら息子自身も自然に変わっていったんです。

 

この経験から相手のことをしっかり聞き出してコミュニケーションを取る方法が息子にも良く自分が変わっていくことだと分かりました。その後、息子が高校を卒業して私自身も時間ができたので彼がバスケットボールを頑張っている分私も負けずに頑張ろうと思った時に、スポーツメンタルコーチングをちゃんと学びたくなったので資格講座を受講することを決めました。

 

-ちなみに息子さんはスポーツメンタルコーチングを通してどんな変化があったんですか?

 

息子は現在21歳で高校卒業後に奨学金を頂いてアメリカのプレップスクールというタイプの学校に留学してバスケットボールをしています。その留学期間でありがたいことに大学の1部リーグと呼ばれる「NCAA Devision 1」に該当する大学からオファーを頂くことができました。一時帰国後また6月からその大学での練習が始まるのですぐアメリカに戻り大学生活をスタートすることになります。

 

ちなみに息子は高校生の時は何かの選抜に選ばれたこともなければ、全国大会へ出たこともなかったのですが、今もNBAを目指す夢を諦めずに努力し続けられるようになったのはスポーツメンタルコーチングのおかげと感じています。

 

実際に資格講座を受けてみて感じたこと

 

-実際に資格講座を受けてみてどうでしたか?

 

シンプルに「楽しかった」というのが一番ですね。スポーツメンタルコーチングの方法を学べたのはもちろんですが、何より自分自身が変われて成長できたので受講してすごい良かったなって思います。

 

-資格講座を受ける前と実際に受けてみてどんな印象の変化がありましたか?

 

スポーツメンタルコーチングは自分が思っていた以上に奥が深いものだなと感じました。そもそもスポーツメンタルコーチングを行うには自分自身の精神面が整っている必要があるのですが、そこまで重要な要素だとは思っていなかったのでそれがすごい学びでした。

ただ学んでいくことでますます自分も整っていきますし、スポーツメンタルコーチングを通して変われて良かったという実感と感謝があるので是非もっとたくさんの人に同じ体験をしてもらいたいです。

 

-資格講座の中で印象に残っているワークはありますか?

 

色々面白いワークがあったのですが、実際に自分たちでコーチングをするワークの印象が強いですね。

 

-ちなみに一緒に資格講座を受けた受講生はどんな方がいらっしゃいましたか?

 

私がいた13期には様々な職種の方がいましたが、スポーツが好きとか元々スポーツをされていた方が多く、スポーツをやってこなかったのは私くらいだったかもしれません。

 

卒業後もたまにZOOMでオンライン飲み会をしたり、グループラインでも忘れないくらいのペースで色んなやりとりは続いています。

 

 

-資格講座後に受けられたプロ講座ではどんなことが学べましたか?

 

自分を深掘りする課題がたくさんあったので凄い濃厚な時間でした。私は元々就職活動をしたことがなく自己分析をするのも初めてだったので自分についてのたくさんの質問に悶絶しながら、若い頃にこういう自己分析をしていたらまた私も全然違ったんだろうなと感じました。でもこの自己分析を通して本当に自分のことがよく分かるようになったのでやって良かったなって思いました。

 

-今年の頭にはチームメンタルコーチング講座も受講されましたがどんな学びがありましたか?

 

この講座ではチームに対してコーチングする際に大事なポイントやセミナーを作る方法を学びました。以前一度自分でセミナーを作ったこともあるのですが、マンツーマンでスライドを見ながらしっかりポイントを教えて頂くことはなかったのでそういった作り込む作業や伝えたいことの組み立て方がすごく勉強になりました。

 

あと自己紹介のスライドを作る機会もあったので、その時に人生グラフを作り今までを振り返えることができたのでいろんな人に会う時に自己紹介がスムーズにできるようになりました。


 

子どもたちがスポーツを心から楽しんでもらえるように

 

-講座卒業後の実績や活動状況についても聞かせてもらえますか?

 

昨年柔道のプロ選手をコーチングさせて頂きましたが、現在は音楽家の方と中学生のジュニアのバスケットボール選手をコーチングしています。また最近とある体操クラブの強化育成クラスの小学生とその保護者向けにチームコーチングが決まりました。そして今は一般の保護者向けのセミナーの作り込みをしていてネット上で集客できるような仕組みづくりも進めています。

 

-この講座を通して自身の活動への変化はありましたか?

 

以前は漠然とスポーツ選手をサポートしていきたいという感じだったんですが、今は仕事というより貢献したいという気持ちが強くなりました。なぜなら息子をサポートする中で出会ったスポーツメンタルコーチングだったこともあり、ジュニアのスポーツ選手たちのために貢献したくなったからです。

 

この想いがきっかけで「スポーツに夢中な子供を増やしたい」というミッションができたのでジュニア選手をサポートしていく中で、彼らの保護者や指導者に対してもスポーツメンタルコーチングについて知ってもらえるような活動もしていきたいです。

 

-その言葉の通り、チームメンタルコーチングの実習で行った須藤さんの高校生向けセミナーが特に印象的でした。

 

その時に作った内容は高校生向けの「レギュラーになるためのメンタルとは」というテーマだったのですが、作っている時はまだ受けてくれる方が決まってなかったんです。そんな中で颯人さんにセミナーをセッティングして頂いてとある学校の部活を頑張っている高校生たちに向けて急遽行えることになりました。ただ急遽決まったことだったので、セミナーの始めではそもそも生徒たち全員がレギュラーになりたいのかが分からなくて不安でした。でも彼らにレギュラーになりたいかどうか聞いたところみんな手をあげてくれたのでセミナーにも熱が入りましたね。

 

-セミナー後に参加者の感想を読んで涙する姿は須藤さんのビジョンへの想いや澄み切った心を感じました。

 

最初はたくさんの高校生を前に緊張していたんですが、ワークを取り入れながら進めることで生徒たちも楽しみながら取り組んでくれたり意見もくれるようになったので30分の短い時間でしたがとても楽しかったです。セミナー後のアンケートでは生徒たちが「スポーツを楽しむことを忘れてました!」という感想が多くて、文面から嬉しそうな感じが伝わってきたので私も伝えたかったことが伝わったの感じて嬉しくなり泣いてしまいました。

 

今までも周りのことを気にして楽しめず伸び悩んでいる子や楽しそうじゃない子を見てきましたし、色んな親御さんの子どもへの関わり方を見てくる中で彼らがもっとスポーツを楽しめるように変えていきたいなって思いました。

 

今後の目標と資格講座を検討している方へ一言

 

-今後のスポーツメンタルコーチとしての目標を聞かせてください。

 

今後は主に中高生のジュニア選手のクラブチームや部活動でコーチングをしたいと思っています。そして最終的にはもっと生き生きした大人たちを増やしていき、ミッションでもある「スポーツを心から楽しめる子ども」を増やしていきたいです。

 

またもう一つゆくゆく実現したい夢があって息子を育てた地域にバスケットボール専用施設を作りたいと思っています。ただ今の私にはまだ難しいので、その夢のためにまず総合型地域スポーツクラブをその地域に立ち上げるという目標を立てたのでこの活動を通してこの地域の子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで様々な年代の方との信頼関係を作っていきたいと思っています。

 

この場所で息子が始めたバスケットボールをきっかけに関われた方々とスポーツメンタルコーチングに私たち親子は育てられたので、特別な思いがあるこの土地やバスケットボールに貢献したいと思っています。


 

-最後に資格講座を検討している方へ一言お願いいたします。

 

受講後に絶対受けて良かったと思える講座になっていますし、スポーツメンタルコーチを仕事としてやっていくかどうかを置いて考えても自分の人生にとって絶対プラスになると思うので興味を持って検討されているなら是非受けてみてほしいと思います。

 

須藤由紀プロフィール

スポーツメンタルコーチ

 

1974年10月12日生まれ、神奈川県横浜市在住のプロスポーツメンタルコーチ。バスケットボール選手の息子をサポートしていく中でスポーツにおけるメンタルの重要性に気付きスポーツメンタルコーチングの道へ。「メンタルは育てるもの」「親が変われば子も変わる」ということを自身で経験。子供達が伸び伸びと自分の夢に向かっていけるような環境作りのため、たくさんの人にスポーツメンタルコーチングを伝えながら「スポーツに夢中なこどもを増やす」をミッションに活動中。

 

 

Interview by 鈴木 颯人

Edit by 畠山 大樹

 

 

次回のスポーツメンタルコーチ資格講座のご紹介

 

スポーツメンタルコーチ

 

スポーツメンタルコーチ資格講座は「日本スポーツメンタルコーチ協会(R)」にて発行されている資格です。One Athlete,One Mentale coachの理念を掲げスポーツメンタルコーチの普及に力を入れております。
 

 

 

その他のおすすめ記事

「心からスポーツを楽しんでほしい」山﨑珠美さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講座卒業生インタビュー‥ 続きを読む
「One Athlete・One Mental Coachの世界を目指して」増田良子さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポー‥ 続きを読む
「常に選手に寄り添ったコミュニケーションを」橋本勇郎さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講座卒業生イ‥ 続きを読む