TOP CONTACT

【プレッシャーに強くなる!】イメージトレーニングの正しい行い方とは?

 
スポーツの世界で最高のパフォーマンスを引き出すために「イメージトレーニング」を行っているという一流アスリートが多くいます。「将来の自分をイメージすることによってモチベーションアップ」や「本番力が高まる」などの効果が一般的に知られています。
一方で、手軽に誰でも用いる事ができるため、イメージトレーニングの効果を疑うアスリートの読者もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、アスリートが手軽に取り入れることが可能なイメージトレーニングの効果を海外論文のデータを元に綴りながらその正しい行い方について紹介していきます。

目次

  1. イメージトレーニングの効果とは?
  2. 海外論文のメタ分析の結果
  3. イメージトレーニング中の脳内
  4. 科学的に正しいイメージトレーニングの行い方

イメージトレーニングの効果とは?

 

昔からスポーツ界で「イメージトレーニング」は、主流の練習法として多くのアスリートに勧められてきました。「成功した自分の姿をイメージする」や「プレッシャーのかかる場面を常にイメージしながらトレーニングを行う」等、イメージの内容は様々です。

 

その一定の効果は、既に多くのアスリートによって取り入れられているため周知の事実となっておりますが、どのような心理的な面で効果を期待出来るのでしょうか?また、スポーツの場面で効果を最大化するためには、どのように行うのが科学的に良いのでしょうか。

 

ドイツ・トリーア大学ら複数の大学によって行われたイメージトレーニングに関するメタ分析のデータを元に効果とおすすめのトレーニング方法を見てみましょう。

海外論文のメタ分析の結果

 

メタ分析は、過去に分析された論文を集め、再び精査し、分析している事から信憑性の高いデータが出やすいと科学界では言われています。この論文では、過去に発表されたスポーツにおけるイメージトレーニングに関する論文55件、合計1,438人が研究対象となっている大規模な研究です。

 

その結果、イメージトレーニングを行うとスポーツでの心理的スキル(不安対策やプレッシャーへの対処など)やスポーツ選手としてメンタル的に落ち込みがちな「怪我のリハビリ」の向上に有効であることが示唆されています。

 

他にもイメージトレーニングによって、一時的な運動能力やモチベーションの上昇も確認されており、メンタル的に一定のポジティブな効果が期待出来そうです。

 

さらに、この研究ではイメージトレーニングの行い方に関する興味深い点も指摘されています。イメージトレーニングの効果を最大化するためには、実際の身体的な練習と組み合わせるとより効果的になり得るようです。つまり、ただイメージトレーニングを行うだけでなく、実際の身体的な練習と組み合わせることで最大の効果が得られる可能性が高まります。

 

また、イメージトレーニングの効果は、イメージの強度と正の相関があることが明らかになっています。これは選手が集中力を高め、身体的トレーニングと組み合わせた具体的なイメージトレーニングに没頭するほど、本番でのパフォーマンスの向上が期待できます。

 

イメージトレーニング中の脳内

 

以上のデータから、スポーツパフォーマンスの向上やメンタルの安定を目指す選手やコーチにとって、イメージトレーニングを真剣に取り組むことは、アスリートとしてポジティブな影響が享受出来ると考えられます。

 

しかし、なぜイメージトレーニングは有効なのか。それは、人間の脳に秘密があります。人間の脳はイメージと現実の世界で実際起きた事象の区別が苦手です。これによって、脳はイメージトレーニングでも実際の競技から得られた情報と同様の反応を示し、神経経路が活性化されます。従って、プレッシャーのかかる場面やつらいリハビリの日々を乗り越えた自分などを脳内に再現可能なため、実際にプレッシャーのかかる場面が来た時には準備が整っており、つらいリハビリにも耐え、乗り越えるモチベーションを保つことを可能にします。

 

科学的に正しいイメージトレーニングの行い方

 

科学的に効果を最大化するイメージトレーニングの行い方は、普段の練習中から想像力を働かせ、試合と同じ状況に近づけた想定をイメージしながら行うことです。

 

試合の状況、対峙する相手選手、試合会場の環境などを鮮明にイメージをしたイメージトレーニングに組み合わせて普段の練習を行いましょう。その際、試合時に着用するのと近い衣装を着てみることや、同じルーティンを行うなどできる限り本番に近い環境もセッティングすると高い効果が期待出来るでしょう。

 

注意点としては、気分が良くなるためだけに成功したときのイメージトレーニングを行うだけでなく、まずはプレッシャーのかかる場面が来た時のための準備としてイメージトレーニングに取り組んでみてください。より具体的に自分が力を発揮したい場面を想像し、練習にイメージトレーニングを取り入れてみると良いのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

 

参考文献:

https://www.researchgate.net/publication/341945828_The_Effects_of_Imagery_Interventions_in_Sports_A_Meta-Analysis

合わせて読みたい記事

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。>> 今も増え続ける実績はこちら

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

☆講演のお知らせ☆

 

【受付中スポーツメンタルコーチになる為のセミナー

-アスリートのパフォーマンスを引出すメンタルコーチになる為には-

 

スポーツメンタルコーチR?として活躍する上で大事なエッセンスをお伝えする講座です。アスリートのパフォーマンスを高めるために大事にしたい3つの秘密をお伝えします。

詳細・お申込みはこちらからお願いします。 

 

 
 
【受付中】やる気とモチベーションを上げる脳と心の仕組み講座
-年間1000人以上のアスリートと接する中で判明した目標が達成しにくい理由とは?- 
 
モチベーションが"低い"という言葉をよく使っていませんか?モチベーションを科学するとモチベーションは低いのではなく、”見失っているだけ”なのです。その理由をお伝えします。
 
 

【受付中緊張や不安を無くし自信を高める方法

-脳と心の仕組みを利用した自信を高める最先端の方法-

 

緊張したり、不安になることは誰にでもあります。その上で必要になるのが”自信”です。確固とした自信を手にいれる為には脳の仕組みを理解する必要があります。その方法をお伝えします。

  詳細・お申込みはこちらからお願いします。

 

 

 

【受付中極限の集中ゾーンに入る方法
-自分史上最高パフォーマンスへの入り口-
 
誰もが一度は入る究極の集中状態”ゾーン”。最高のパフォーマンスを発揮する上で避けては通れないメンタルの王道を理解するセミナーです。
 
 
 
 
【受付中 息子、娘、子供のメンタルを強くする親になるには?
-親御さんの為の子供のメンタルを高める方法-
 
アスリートの数だけ親御さんがいます。最先端の教育科学においてわかってきた一流のアスリートを育てる親御さんの秘密をお伝えします。
 
 
 
 

その他のおすすめ記事

チームに目的意識があると競技パフォーマンスが上がる?【論文を元に解説】 チームで行う競技・スポーツに挑まれている方の中には、‥ 続きを読む
勝利を意識しすぎるとパフォーマンスが落ちる?気の緩みとポジティブ思考の関係性 勝利を意識しすぎてパフォーマンスが低下してしま‥ 続きを読む
”プロスペクト理論”で高める、アスリートの勝利を呼び込む確率 心理学用語として生まれたプロスペクト理‥ 続きを読む