TOP CONTACT

人見知りでも強メンタル!目指すのは”絶対的クローザー”宇田川優希選手

アスリートの望む結果にメンタル面でサポートするスポーツメンタルコーチの鈴木颯人です。育成ドラフトで入団しながらプロ3年目には日本一にも貢献し、日本代表に選出されるほどの急成長を見せたオリックス・バッファローズの宇田川優希選手。ハーフで堀の深い顔立ちとポジティブな明るさで投手陣のムードメーカーです。

最速160キロのストレートを軸に組み立てる投球を武器とするダイナミックな投球スタイルで華やかな力強さが魅力。今回は、宇田川優希選手についてスポーツメンタルコーチとしての視点でお話し出来ればと思います。
 

目次

  • 歴代3位の年俸アップ率の宇田川優希選手

  • 人見知りでも活躍できる理由

  • 目指すのは”日本の絶対的クローザー”藤川球児選手

歴代3位の年俸アップ率の宇田川優希選手

埼玉県越谷市出身の宇田川優希選手。日本人の父とフィリピン人の母のもと5人兄弟の3番目として生まれ育ちました。野球を始めたのは小学校2年生の時、兄の影響で少年野球チーム”宮本ジャイアンツ”に加入したことがきっかけでした。

 

埼玉県立八潮南高等学校に入学した際に投手へ転向。高校最後の夏、埼玉県予選1回戦では完封勝利を果たしました。3回戦で延長15回の末に引き分けとなりましたが、強豪校である正智深谷高校を15回2失点に抑える好投します。再試合で敗北し甲子園出場となりませんでしたが、プロスカウトも宇田川優希選手を見に来るほど実力を評価されました。

 

その後、練習試合で対戦した帝京高校の監督の薦めで仙台大学へ進学。1年生の春からベンチ入り、3年生春の成績は、5試合で2勝1敗、35奪三振、防御率0.64の安定感ある成績を残しました。

 

秋には規定投球回に到達し、4年生で少し調子を落としながらも大学時代の記録として最速152キロ、平均140キロ台中盤と大きな爪痕を残した宇田川優希選手でした。3年時にはドラフト1位の呼び声も高かったのですが、結果的にオリックス・バファローズから育成ドラフト3位で指名を受けました。

 

支配下枠指名でない場合はプロに入団ではなく社会人野球に進むことも考えましたが、同じ仙台大学の先輩にあたる佐藤優悟選手からチーム環境が良いことを聞き、年俸240万円の支配下登録でオリックス・バファローズに入団することを決意しました。翌年には450万円アップ、3年目には1250万円アップの1700万円と、入団から3年で年俸が7倍になりました。

 

オリックスの大先輩でメジャーリーグでも活躍したイチロー選手、埼玉西武ライオンズの平井克典選手に次ぐ日本球団歴代3位の凄まじい年俸アップ率を記録したのです。

 

私自身、宇多川投手と同じフィリピン人のハーフで勝手に親近感を抱いています。県立高校でありながらも強豪校を抑え込む力を持っていることが伺えます。一方で、将来に対してもしっかりとした考えを持っているように感じます。特に、進路に関しても周りの意見を積極的に聞き入れる耳を持っていることが伺えます。結果が出る選手ほど周りの声に惑わされてしまうことがあります。自分の軸を持てと言われながらも、他人の意見にコロコロと自分の気持ちがブレてしまうものです。そうならない為にも誰から何を聞くか?情報を取り入れるセンスを感じます。
 

人見知りでも活躍できる理由

育成ドラフト3位で指名され、オリックスバッファローズでスタートした宇田川優希選手のプロ野球人生。同じハーフで投手であるダルビッシュ有選手から多くのことを学び、影響を受けてきました。

 

2023年に開催されたWBCの合宿初日には、ロッカールームに1人でいたという宇田川優希選手。大人しい性格だと知っていたオリックスのチームメイトである山本由伸選手が「キャッチボールやろう」と声をかけるとそのまま”由伸にくっつく作戦”で人見知りっぷりを発揮していたのだそうです。

 

そんななか合宿と共にスタートさせたのが課題の減量でした。投手としてパフォーマンスを落とさないための重要な計画をチームから課されていました。しかし、食べることが大好きでオリックス・バッファローズでも屈指の大食漢と言われる宇田川優希選手にとって最大の難所とも言える大きな試練でした。減量のためには、大好きな揚げ物やケーキを控えるしかありません。

 

そんな時、初ブルペンで一人だけ顔を見ていなかったことを心配して声をかけてくれたのがダルビッシュ有選手でした。減量メニューの確認があったことを話すとそのメニューも見てくれたそうです。そして掛けられた言葉は「あまり自分をいじめすぎないように優しくね」というものでした。決して”頑張れよ”などのようにありふれた言葉ではなく、逆の意味のように聞こえたその言葉がとても響いたと言います。

 

「どうしていいかわからない時期でもあったので少し気持ちが楽になりました」と心が救われたことを話した宇田川優希選手。練習中にもお腹を触って「別に太ってないやん」と軽いスキンシップと笑いも交え、気持ちを和ませてくれたこともありました。

 

厳しい減量の試練中に宇田川優希選手が楽しみにしていたのが、ダイエット中でも好きなものを自由に食べれる日”チートデイ”。投手陣の食事会でしたが、これをダルビッシュ有選手が”宇田川会”や”宇田川さんを囲む会”と命名しSNSに投稿しました。

 

減量中の後輩を勇気づける粋な優しさが溢れているようでした。宇田川優希選手もせっかくのチートデイだからと胃袋を解放し、特にデザートのバニラアイスが美味しくおかわりまで頂きました。1個目、2個目と食べ、さすがに3個目は恥ずかしいという思いから隠しながら食べていたそうです。

 

ダルビッシュ有選手から「宇田川くん、デザートおかわり大丈夫?」と聞かれ「あ、持ってます」と応えるとその場には笑いが起きました。先輩のアシストにより、食事会を機に他の皆の心を鷲掴みにできたのです。宇田川優希選手のみならず、他の投手陣たちをも和ませたダルビッシュ有選手。どの競技であっても安心できるものは、経験者である指導者や先輩からの言葉です。

 

アスリートにとって気持ちが重く気乗りしないような時期でも場の雰囲気を和ませてくれるような存在は、何よりも救われるもの。自他共に人見知りで大人しい性格だという宇田川優希選手でも気持ちが前向きになれることで野球でも活躍することができているのです。

 

私も宇多川投手のように人見知りな性格です。この記事をお読みいただいている方の中にも人見知りの方もいるとかと思います。では、本当に人見知りだったらどうしたらいいのでしょうか?そのヒントを宇多川投手は行動で示してくれてます。その1つに仲が良い人と一緒に時間を過ごすことです。そして何よりも重要なのことは、人見知りが決して悪いことではないということです。人に対して慎重に接しようとしているからこそ人見知りが起きるのだと私は思っています。相手を気遣ったり、思い遣ったりする気持ちを持っていることを認めていただければ自分のペースで相手との距離を縮めればいいと私は思っています。
 

目指すのは”日本の絶対的クローザー”藤川球児選手

「あいつは努力をしていない。ハーフだから球が速い」と陰口を言われてきた宇田川優希選手。もちろん生まれ持った身体的なメリットはありながらも精一杯努力もしていたため「自分はそうじゃない」と腹が立ちました。しかし「そう言われても自分の特長を活かそう」と強いメンタルで乗り越えてきました。

 

入団1年後には、最速158キロ、防御率0.81を記録。240万円だった年俸も入団3年後には7倍にアップしました。全日本にも選ばれ、投手陣のムードメーカーとしても存在感を発揮しています。

 

ダルビッシュ有選手からも「手の届かないところに行ってしまった」と褒められるほど仕上がった投球には本人も自信を持つことができました。山本由伸選手が先発で日本のエースならば、自身はクローザー。目指すのは、”絶対的クローザー”と呼ばれた藤川球児選手だそうです。

 

「いつかは日本のクローザーと呼ばれる投手になりたいと思います」そう話した宇田川優希選手。天性の素質と潜在能力を持ち合わせ、160キロのストレートと落差の大きいフォークが武器の投手です。将来日本に欠かせない絶対的な守護神として成長することが期待されています。

 
今回は、宇田川優希選手についてお話しました。甲子園への出場経験はありませんが、強豪校の監督から勧められた大学でスポットを浴び、プロのスカウトの目に止まりました。育成ドラフト3位でありながらも入団し、オリックス・バッファローズでプロとしてスタートさせた宇田川優希選手。3年目には優勝に貢献する働きを見せ、日本代表にも選ばれました。ダルビッシュ有選手からのアシストで投手陣のムードメーカーとしてもチームやファンからも愛される選手です。今後も宇田川優希選手のご活躍を心より楽しみに応援し続けていきたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。>> 今も増え続ける実績はこちら

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

☆講演のお知らせ☆

 

【受付中スポーツメンタルコーチになる為のセミナー

-アスリートのパフォーマンスを引出すメンタルコーチになる為には-

 

スポーツメンタルコーチ®として活躍する上で大事なエッセンスをお伝えする講座です。アスリートのパフォーマンスを高めるために大事にしたい3つの秘密をお伝えします。

詳細・お申込みはこちらからお願いします。 

 

 
 
【受付中】やる気とモチベーションを上げる脳と心の仕組み講座
-年間1000人以上のアスリートと接する中で判明した目標が達成しにくい理由とは?- 
 
モチベーションが"低い"という言葉をよく使っていませんか?モチベーションを科学するとモチベーションは低いのではなく、”見失っているだけ”なのです。その理由をお伝えします。
 
 

【受付中緊張や不安を無くし自信を高める方法

-脳と心の仕組みを利用した自信を高める最先端の方法-

 

緊張したり、不安になることは誰にでもあります。その上で必要になるのが”自信”です。確固とした自信を手にいれる為には脳の仕組みを理解する必要があります。その方法をお伝えします。

  詳細・お申込みはこちらからお願いします。

 

 

 

【受付中極限の集中ゾーンに入る方法
-自分史上最高パフォーマンスへの入り口-
 
誰もが一度は入る究極の集中状態”ゾーン”。最高のパフォーマンスを発揮する上で避けては通れないメンタルの王道を理解するセミナーです。
 
 
 
 
【受付中 息子、娘、子供のメンタルを強くする親になるには?
-親御さんの為の子供のメンタルを高める方法-
 
アスリートの数だけ親御さんがいます。最先端の教育科学においてわかってきた一流のアスリートを育てる親御さんの秘密をお伝えします。
 
 
 
 

その他のおすすめ記事

心が折れるほどの敗戦をした時にどうするべきか? アスリートの望む結果にメンタル面からサポートするスポーツメンタルコーチの‥ 続きを読む
「自分の人生を良い方向へ変えてくれた一番の理解者」 荒賀龍太郎さんにとってスポーツメンタルコーチとは 日本発祥のスポー‥ 続きを読む
メンタルで上回るために”課題を受け入れる気持ち”、田中将大選手 楽天ゴールデンイーグルスを優勝に導いた立役者‥ 続きを読む