TOP SERVICE CONTACT

女子バレーの試合視察から感じた残り1年という呪縛

昨日は日本代表女子バレーボールの
試合視察で横浜アリーナに行きました。
スポーツメンタルコーチ
オリンピックを一年後に控えたなかで、
そろそろチームを固める時期。
 
 
試行錯誤を繰り返すなかで
試合の結果に結びつかない事もあります。
 
 
昨日はカメルーン相手に
ストレート勝ち。
 
 
試合内容を見ると
色々と感じるものもあったと思います。

残り1年になった今。
オリンピックに向けてどうしたらいいのか?
 
 
課題克服を考えるのもアリだと思います。
長所を伸ばすもアリだと思います。
 
 
まずは対戦競技であれば、
自分を知る事から始まります。
 
 
自分を知るとなると
イメージ的には長所短所を事になると思います。
 
 
1番大切なのは
対戦相手からどのように見えるか?
 
 
これも大事な視点になります。
 
 
どうしても努力の矢印が
自分に向きがちなのがスポーツ選手です。
 
 
この矢印が自分に向いてる限りは
いつまで経っても二流です。
 
 
自分自身で自分を客観的にみるのは
とても大変な事です。
 
 
このブログを読みながら右足の位置を
意識してる人はいないと思います。
 
 
自分を知るというのは
とても大変な作業になります。
 
 
その手助けになる存在として
メンタルコーチもいます。
 
 
もちろん、
メンタルコーチだけでなく監督やコーチ、
友人の声も参考になると思います。
 
 
そういった人達と上手くコミュニケーションを
取りながら成長のヒントを見つけていくのです。
 
 
あと1年しかないと思うよりも、
まだ1年もあるのです。
 
 
やれる事は沢山あります。
ライバルにも時間は平等です。
 
 
闇雲な努力だけでなく、
時には立ち止まって自分自身を
振り返ってみては如何でしょうか?
 
 
ご参考までに

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ
一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

 

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む