TOP CONTACT

心が折れるほどの敗戦をした時にどうするべきか?

スポーツメンタルコーチ


アスリートの望む結果にメンタル面からサポートするスポーツメンタルコーチの鈴木颯人です。

 

毎週のように色々な競技で、必ず重要となる試合があります。

 

プロ野球だと、日本シリーズ、クライマックスシリーズ、人によってはWBCがあります。

 

サッカーだとリーグ戦の最終節あたり、カップ戦の決勝などがあります。

 

他の競技になると全国大会、選抜大会、講道館杯、全日本選手権、日本選手権など。

 

日本一を決める大会名も競技によって沢山あります。呼称に困惑する事もこの仕事の醍醐味かもしれません。

 

さて、そんな日本一を目指し、サポートし続けて13年。数々の選手が日本一になりました。

 

一方で、日本一をあと一歩で逃したケースもたくさん見て来ました。

 

その度に、溢れるばかりの想いを共に流してきました。そして、その想いを胸にリベンジを果たしてきた選手たちを何人も見て来ました。

 

だからこそ伝えたいのが、『負けたからといって無理に切り替えを早くする必要はない』ということです。

 

浸れるだけ、その悔しい気持ち、後悔の念、そして、もっと〇〇しておけば…と振り返る気持ちを心底味わう時間は尊いと思っています。

 

その気持ちになれることは、それだけ競技に掛けてる気持ちの表れだと思うからです。

 

本気になれるものがあるならば、無理してポジティブになって欲しいとは思わないのです。

 

なので、仮に落ち込んでいる人がいても無理して励まさないです。ポジティブな言葉、気休めな言葉もかけません。

 

強いて言えば、「〇〇はよく頑張ったんだよ」と受け止める事だけは伝えます。

 

落ち着いてから、次の1年、道のりを考えればいいと思います。

 

だから、負けた時こそ、負けを味わって欲しいのです。思い切りドン底まで気持ちを味わえれば、あとは上がっていくだけですからね。

 

 
今日も最後までお読みいただき、


ありがとうございました^^

 

合わせて読みたい記事

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。>> 今も増え続ける実績はこちら

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 

その他のおすすめ記事

「自分の人生を良い方向へ変えてくれた一番の理解者」 荒賀龍太郎さんにとってスポーツメンタルコーチとは 日本発祥のスポー‥ 続きを読む
メンタルで上回るために”課題を受け入れる気持ち”、田中将大選手 楽天ゴールデンイーグルスを優勝に導いた立役者‥ 続きを読む
結果に相応しい人になる アスリートの望む結果にメンタル面からサポートするスポーツメンタルコーチの鈴木颯人です。 ‥ 続きを読む