TOP CONTACT

メンタルコーチングを受ける事が「心の弱さ」を認めることに繋がるのか?

メンタルコーチングでしたり、メンタルトレーニングを受けたいと考えながらも受けないスポーツを頑張る人が世の中にはたくさんいます。特に若いスポーツ選手ほど「自分には必要ない!」と考えている方も多いと思います。実際にそういった声を何度も聞きます。しかし、逆に、「もっと早く受けに行けばよかった」と若い頃とは別の意見を持ち始める20代後半に差し掛かる選手が口を揃えて話をしてくれます。そんな思いをもった選手たちのために綴りました。

目次

  1. なぜメンタルコーチングやメンタルトレーニングを受けたくないのか?
  2. メンタルコーチングの受ける怖さ
  3. 周りの目が気になる怖さ
  4. 本当にサポートが必要な人を支えたい

なぜメンタルコーチングやメンタルトレーニングを受けたくないのか?

多くの理由として挙げられるのが、メンタルトレーニングやメンタルコーチを受けるということがスポーツシーンにおいて自分の心を弱いと認めてしまう行為につながるのではないかと考えている選手がいます。その結果、メンタルコーチングを受けたくなかったという話を聞きます。

 

私自身も、現役時代にメンタルトレーンングを本を読んでいた際に指導者から「メンタルが弱いお前が読んでも変わらない」「メンタルトレーニングって宗教だろ?」と何度も言われたことを覚えています。だから、いまだにスポーツメンタルに関わる面においてサポートを依頼する怖さがあって当然だと思っています。

 

最近ではメンタルコーチングを受けること自体がスポーツでは一般化され始めました。それでも中には他人の目が未だに気になる方もいます。メンタルコーチングを受けていること自体を誰かに知られると、それによってバカにされたりする怖さがあるようです。他にも、メンタルコーチングを受けているのに結果が伴わないからダメなんじゃないかと周りに思われる怖さがあるそうです。

 

メンタルコーチングを受ける怖さ

メンタルコーチングやトレーニングを受けることが弱いことを認めてしまうことにつながると考えている人にとってちょっと辛いことを書きます。それは、「弱さを認めない限りは前に進めない」のです。自分の本心を認めず、自分を隠すことが心の葛藤や心が疲弊する要因を作っていきます。スポーツではこの心の葛藤や囚われがなくなるとゾーンに近づけると言われています。

 

だからこそ、まずはメンタルについて困っていることを認めると、メンタルの問題は改善しやすくなります。まずは弱さを認めるということが重要になってくるのです。その過程において、自分を認めることがスポーツで大成するために重要になってきます。

 

自分を認めてあげるということができないスポーツ選手は、いつまでたってもある状態で苦しみます。それが「自分の否定」です。自分に対する否定がずっと続くとどうなっていくか?頭ではポジティブでありたい自分と、心ではネガティブな自分が葛藤してしまいます。頭と心がケンカしてしまっている状態です。この状態が続くと、スポーツのパフォーマンスが上がりません。当然、スポーツの結果も出なくなってしまいます。こういった状態を避けるためにも、自分自身を認めてあげ、次の一歩を考える必要があるのです。

 

周りの目が気になる怖さ

もう一方で、自分自身がメンタルコーチングを受けていることをまわりに知られる怖さがあります。これについてお話すると、自分自身がメンタルコーチングを受けていることを公に人に話す必要はまったくありません。

 

私自身、24歳でうつ病を経験してます。心療内科や精神科に通ってました。カウンセリングやコーチングも受けましたがこういった心の悩みを打ち明ける場所について、家族にも黙っていました。それくらい、知らせたくない気持ちがあって当然だと思うのです。だからむやみやたらとメンタル面について人に語る必要はないと考えています。

 

しかし、最近だとSNS上でメンタルコーチやメンタルトレーナーの方々が、実際に受けてくれている選手・アスリートのスクリーンショット画像を貼り付けたり、その選手が特定されないように顔にモザイクやスタンプを隠してSNSに投稿している実態があります。部屋の雰囲気とか身体の雰囲気とかで察しがついちゃう人がいるかもしれないので、誰かにバレる可能性があります。そういう利己的なメンタルコーチやメンタルトレーナーの人がいることで、メンタルのことをサポートしてもらうと誰かにバレるかもしれないという怖さを抱く方が増えてしまっているのだと思います。

 

本当にサポートが必要な人を支えたい

我々、一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会ではそういった行為はしないようにしています。うちの講座を卒業されたスポーツメンタルコーチの方々は、基本的にはアスリートとの秘密は第一に厳守して行動することを大事に取り組んでもらっています。

 

なぜならば、スポーツで頑張る選手が自分の話したことが人に伝わる怖さや不安を最大限に減らしてあげたいのです。心理的にすでに悩んでいるスポーツ選手なのに、利己的なことで本来支えるべきはずのスポーツ選手の心が支えられないことは本末転倒だと思っています。

 

そうならないためには、我々は基本的にサポート中の選手についてSNSなどでご紹介はしません。(選手から紹介してほしいなどの除く)そういったことを大事にしているメンタルコーチは当協会以外にもいるのでそういった方を見つけて欲しいなと思っています。そして、そういったメンタルコーチのコーチングを安心して受けに来ていただけたら業界としても健全な世界になっていくと信じています。

 

最後になりますが、メンタルコーチングでは何か特定のことをやってくださいと選手にお願いすることは基本的にはありません。そうではなく、選手一人ひとりの心の声に寄り添いながら、選手一人ひとりのパフォーマンスを高めていくために、思い込みの蓋を外していく認知行動変容を第一に取り組んでいます。

 

そして、選手一人ひとりの自発性、自主性を最大化できるメンタルコーチングの仕組みを提供し続けていきます。もし、困ったことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

合わせて読みたい記事

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。>> 今も増え続ける実績はこちら

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

☆講演のお知らせ☆

 

【受付中スポーツメンタルコーチになる為のセミナー

-アスリートのパフォーマンスを引出すメンタルコーチになる為には-

 

スポーツメンタルコーチ®として活躍する上で大事なエッセンスをお伝えする講座です。アスリートのパフォーマンスを高めるために大事にしたい3つの秘密をお伝えします。

詳細・お申込みはこちらからお願いします。 

 

 
 
【受付中】やる気とモチベーションを上げる脳と心の仕組み講座
-年間1000人以上のアスリートと接する中で判明した目標が達成しにくい理由とは?- 
 
モチベーションが"低い"という言葉をよく使っていませんか?モチベーションを科学するとモチベーションは低いのではなく、”見失っているだけ”なのです。その理由をお伝えします。
 
 

【受付中緊張や不安を無くし自信を高める方法

-脳と心の仕組みを利用した自信を高める最先端の方法-

 

緊張したり、不安になることは誰にでもあります。その上で必要になるのが”自信”です。確固とした自信を手にいれる為には脳の仕組みを理解する必要があります。その方法をお伝えします。

  詳細・お申込みはこちらからお願いします。

 

 

 

【受付中極限の集中ゾーンに入る方法
-自分史上最高パフォーマンスへの入り口-
 
誰もが一度は入る究極の集中状態”ゾーン”。最高のパフォーマンスを発揮する上で避けては通れないメンタルの王道を理解するセミナーです。
 
 
 
 
【受付中 息子、娘、子供のメンタルを強くする親になるには?
-親御さんの為の子供のメンタルを高める方法-
 
アスリートの数だけ親御さんがいます。最先端の教育科学においてわかってきた一流のアスリートを育てる親御さんの秘密をお伝えします。
 
 
 
 

その他のおすすめ記事

心が折れるほどの敗戦をした時にどうするべきか? アスリートの望む結果にメンタル面からサポートするスポーツメンタルコーチの‥ 続きを読む
「自分の人生を良い方向へ変えてくれた一番の理解者」 荒賀龍太郎さんにとってスポーツメンタルコーチとは 日本発祥のスポー‥ 続きを読む
メンタルで上回るために”課題を受け入れる気持ち”、田中将大選手 楽天ゴールデンイーグルスを優勝に導いた立役者‥ 続きを読む