TOP SERVICE CONTACT

失敗が止まらない…苦しい時の思考法

挫折続きだった人生から、
今ではスポーツメンタルコーチとして
プロアスリートのメンタルを支え続けて11年目になります。
 

スポーツメンタルコーチ

失敗が続くと自分の努力を

疑ってしまうことがあると思います。

 

努力のために色んな人に会い…

努力のために夜遅くまで積み重ねた時間…

 

思い出すだけで、

努力を沢山してきたと思います。

 

だから、

結果に繋がらない時にこそ

今までの努力を疑っても無理はないと思います。

 

そして、

失敗を繰り返したくないから

工夫をしたり試行錯誤をすると思います。

 

だから、

多くの人は失敗が続くと

色々なことを試します。

 

その理由に、

失敗を繰り返さないために、

失敗した方法はやらないようにします。

 

しかし、

ただ色々なことを試してみても

結果がすぐに生まれないのも事実です。

 

むしろ、

失敗したやり方を積み重ねていたら

突如上手くいく事だってあると思います。

 

あるボーリングの選手は、

なかなか結果が出ませんでした。

 

その道の有名な方に教わったりするのですが

どうしても結果が生まれなかったのです。

 

色々と話を聞く中で気付いたのが、

有名な方に話を聞く際に多くの人から意見を聞いていたのです。

 

なので、

Aさんという有名な方が話すことと、

Bさんが話すことが違うことも度々ありました。

 

両方試すわけにもいかず、

結果的に中途半端な努力を繰り返していたのです。

 

そこで、

Aさんの話だけを聞くことに専念しました。

 

教えてもらった事で上手くいかなくても

信じて続けるようにしたのです。

 

すると半年後の大会で

見事優勝する事が出来ました。

 

結果を出したいと思ったら

色々なことを試すことをしてはいけません。

 

それよりも1度決めた事を

一定期間はやり続ける事も大事になります。

 

もちろん、

色々試すときも大事な時期があります。

 

しかし、

ずっと試し続けても結果は出ません。

 

「これだ!」と思うモノや出会いがあったら

失敗しても信じ抜く事が大事になるのです。

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む