TOP SERVICE CONTACT

「素直さが足りない」と言われた時の対応

スポーツメンタルコーチの

鈴木颯人です。

 

サポートする選手は10代から30代が

多くおります。

 

メンタルコーチ,スポーツメンタルコーチスクール,メンタルを極める,ジュニアアスリート,目標設定

 

そんな中で、

よく話題になるのが「素直さ」です。

 

一般的には、

素直さが大事だと言われることが

多いと思いませんか?

 

特に指導者から、「お前には素直さが足りない!」と言われたりして疑問を感じたことはありませんでしたか?

 

「素直に取り組んでるのに…」

「素直に言われた通りにやっているのに…」

 

だから、

「素直になれ!」と言われても

しっくりこない経験をしたことがあると思います。

 

そこで今一度考えたいののです。

素直さとは・・・?

 

「素直」だと思う方っていても、自分自身の態度や振る舞いを「素直」に見えない人がいるのも現実です。

 

そう思った時にこそ、あることを指導者に聞いてみて欲しいのです。

 

それが、

「私の何が素直じゃないと思いますか?」と。

 

なかなか勇気が行動で

あると思います。

 

しかし、

多くの指導者が「素直が足りない」と話す時ほど自分が伝えたいことを選手がやってくれていない時に感じる傾向があります。

 

だからこそ、
「何が足りないのか?」選手から歩み寄る必要があるのです。
 
「いい選手ほどいい指導者を育てる」
と私は思っております。
 
過去に何度も世界チャンピオンや
全日本っチャンピオンになった選手がいました。
 
その都度、
私の力以上に選手の力があったと思っています。
 
特に選手自身が何度も歩み寄ってくれて質問したり、議論を重ねることで私の能力を引き出してくれたのは言うまでもありません。
 
そういった経験からYESマンの選手だと成長が必ず息詰まります。
 
言われた通りできることが良い選手なのではなく、言われたことについても常に疑問を持ちながら相手と接する選手が本当に良い選手だと思っています。
 
もし、YESマンになっているとしたら、是非とも自分の気持ちを周りの指導者などに素直につたえられる選手になってみてください。

 

言われたことをやるのは簡単です。

言われた通りにできないのがスポーツの世界です。

 

そんな世界だからこそ、

ちゃんとしたコミュニケーションを大事にしましょう!

合わせて読みたい記事

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む