TOP SERVICE CONTACT

『今』に集中する為に『未来』を描いてますか?

 

 

 

 
今、

モチーベーションがあがらない・・・

集中したいのに出来ない・・・

 





そうやって『今』に向き合えてない人がいます。

大会が近くて・・・

大事な試合が近くて・・・

絶対に勝たなくては行けなくて・・・






そんな想いが強過ぎて

気持ちが焦ったり・・・

気持ちが不安になったり・・・






毎日を憂鬱な気分で過ごしている

アスリートがとても多い事に気付かされます。





そういったアスリートに色々な話を聞くと、

ある事を疎かにしている事が多いです。





年間で1000人以上のアスリートとお会いします。

その中で出た答えはかなり確信があります。




それは、

『未来を描いてない』

という事です。





では、

『未来を描く』とはどのような意味なのでしょうか?

 






たとえば、

皆さんは今の競技を通じて、

どんな結果を残したいですか?




皆さんは今の競技を通じて、

どんな人になりたいですか?





皆さんは今の競技を通じて、

どんな影響を与えていきたいですか??





皆さんは今の競技を通じて、

何を手に入れたいのでしょうか?






こんな事を考えている選手はとっても少ないです・・・





これは、

社会人の人にも言えますし、

同じようなコーチングをしている人達にも共通していてます。





競技は自分が『叶えたい何か』を得る為のツールに過ぎません。





この本質を理解出来てないから目の前の事に集中出来ない・・・

この本質を理解出来てないからモチベーションが上がらない・・・






シンプルな事だと思います。

その自分の未来を描く為に、

立ち止まってまでも
 

自分の未来の為の時間を作ってますか?

 

その時間を大事にしていきましょうね。

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ
一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

 

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む