TOP SERVICE CONTACT

 イライラした気持ちをコントロールするには?

スポーツメンタルコーチとして
毎年250回ほどのメンタルコーチングを行っています。
 
ピーク時は年間500回でしたが、

今では契約者数を抑えて選手をサポートしております。

 

スポーツメンタルコーチ

 

選手の相談の中に、

イライラした気持ちをコントロールしたい人がいます。

 

試合中イライラした気持ちから、

冷静なプレーが出来ない…

 

イライラしたことで、

後悔してしまった…

 

だから、

なんであんな行動をとってしまったのか…

落ち着いて振り返って悔やむことがあります。

 

悔しい気持ちを抱いたからこそ、

自分の気持ちをコントロールしたい!

 

イライラした自分から卒業することで

もっと良い結果を出したいと思うのだと思います。

 

では、

どのようにしたらイライラした自分から卒業できるのでしょうか?

 

そこでまず考えたいのが、

気質と性格です。

 

一般的に、

イライラしやすい人は元々持っている

気質や性格だと思われがちです。

 

だから、

そんな気質や性格を変えるのは

難しいと考える人もいます。

 

それでも、

どうにかしてイライラを

鎮めたいと思ってる人がいます。

 

しかし、

プロアスリートでも

イライラしてる人はいます。

 

皆さんも何度かみたことありませんか?

ゴルファーやテニス選手が道具を投げつける

シーンを見ることがあると思います。

 

イライラしていても

結果を残す選手は結果を出します。

 

だからこそ、

イライラをコントロールするには、

イライラに対してイメージを変える必要があります。

 

イライラする事が悪いことではなく、

イライラしていても自分を見失わない事が大事になります。

 

そこで私がお伝えしているのが、
イライラした時でも自分を保つための目印を探すことです。
 
選手によっては、
試合会場にある国旗を見たりしてます。
 
国旗を見て、
「今やることは何?」
と呟くようにしてもらっています。
 
効果が現れるまでに、
継続的に平常心を持っている時にでもやっておいて欲しいです。
 
しかし、
これらの方法は対処療法でしかなく
本質的な解消には繋がっていません。
 
本当に自分を変えたいのであれば、
セミナーや体験コーチングを受けて欲しいなと思っています。
 
一時的な変化ではなく、
長い目で選手と寄り添いたいのです。

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

その他のおすすめ記事

”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む