TOP SERVICE CONTACT

頑張っても頑張っても結果が出ないと思った時

 

どんな競技でも、
「頑張らないといけない」
と思っている選手達がいます。

だから、
「努力するから結果が出る。」
「一生懸命やるから成長する。」

そして、
「諦めない限り夢は叶う。」
と信じていると思います。

image

私自身、
ずっと野球をやってきたので、
とくに根性論については多く言われてきました。笑

何か出来ないと、
「根性が足りないんだ!」

結果が出ないと、
「根性が足りないんだ!」

そして、
落ち込んでいると、
「根性が足りないんだ!」

もう、
どんだけ根性が必要なのか?!
ずっと言われていたと思います・・・笑

その根性を補う為に、

ありえない量を走らされました。

 

コーチには近くにある山を指さされて、
「あの頂上目指して走ってこい」

なんて言われた事もありました。。。笑

今の世界では考えられないと思いますが、
ほんの1990年代はこれが当たり前でした。

 

1980年代の先輩方の話を聞くと

もっと壮絶そうでしたが…

そういったトレーニング(しごき)、
当時は本当にキツかったです。

けど、
それによって体力もそうだし、
諦めないことの重要性も学びました。

 

しごきとか絶対にダメだと思うし、
体罰もダメだと思います。

 

正当化したいわけではなく、
事実で言えばそうなりました。

 

もちろん、

もっといい方法があったと思います。

 

笑顔でトレーニングしながら

能力を高める方法もあったと思います。


理不尽な事にも、
平気に対応できる精神力も手に入れたと思えば、
良かったのかもしれません・・・笑
(プラス思考。笑)

でも、

中には泣き言を一切口にせずに

努力できる選手達もいました。



本当に頭が下がります。
 

 

それは、

メンタルコーチとして仕事をする中でも、

監督やコーチからの理不尽な要求から

一生懸命頑張れる選手達がいます。

 

中にはそれが、

愛情だと話す選手もいました。

 

しかし、

全ての選手がそうは思えないのが

現実としてあります。


そういった選手ほど、
悩みを抱えている事がわかりました。

ある選手は、
オーバートレーニングにより、
疲労骨折を繰り返しました。

「もう怪我をしたくないんです…」
涙ながらに話をしてくれました。
 
ずっと好きで始めた卓球なのに、
気付いたら怪我だらけに。
 
それでも
1日でも練習を休めば
ライバルに追い越される恐怖をずっと
感じていたのでした。

僕もヘルニア、野球肘、
そして膝を怪我しました。
 
だから、
その怪我した選手の気持ちが
痛いくらいに伝わりました。

痛いくらいわかるかこそ、
伝えたかった言葉がありました。

それが、
「頑張りすぎなくても大丈夫なんだよ!」
です。

頑張りすぎる選手ほど、
ある気持ちを深層心理に抱えてます。

例えば、

・仲間に認めてもらいたい。
・両親に認めてもらいたい。
・監督に認めてもらいたい。


めちゃくちゃ愛情を
欲しているケースが多いんですね。

その選手、
過去に親が離婚してしまいました。
自分で残りの兄弟を育てないといけない。
 
そんな思いで頑張ってました。
1日足らずも休みませんでした。

大学の授業を受けながら、
練習やトレーニングをし、
余った時間にバイトする日々。

2人の弟を養う為に、
頑張りました。

そして、
本当にギリギリのメンタル状態の時に、
僕に会いにきてくれました。

自分自身を苦しめいていたのは、
「人から認めてもらいたい」
という気持ちでした。
 
彼自身、
本当はそんな事を考えなくない。

しかし、
無意識に求めることは
誰もコントロール出来ません。

だからこそ、
大切な事があります。

それが、
「過去の自分と向き合う」
覚悟を持つ事です。

彼は、
過去のご両親を認める事が
出来なかったと気付きました。

その後と、
手紙で感謝の気持ちを伝えました。

すると
「人から認めてもらいたい」
感情が消えました。

これは、
一例に過ぎません。

ただ、
表面的に現れる感情、
この感情には様々な理由があります。

その理由を丁寧に聞いてあげる事が、
メンタル面を改善していく為に必要な事だと思ってます。

メンタルトレーニングでは
足し算で気持ちを強くしていく方法が取られます。
(メンタルトレーニングにさまざまな種類があるので一様に言えませんが…)

私がお伝えしている
スポーツメンタルコーチングは
自分の内側にある答えを
引き出すお手伝いをしてます。

いきなり、
1対1のコーチングを受けるのは・・・
と思う方は下記のセミナーからどうぞ^^
 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
 
 
強い信念とメンタルの持ち主、坂本勇人選手 今年もプロ野球のシーズンが始まりました。まだスタートしたばかりですが、読売ジャイア‥ 続きを読む
その日本愛は本物、アンドレス・イニエスタ選手 唯一無二である素晴らしいテクニックやセンスを持ちサッカー選手としてはもちろんの‥ 続きを読む
大舞台で魂のパフォーマンス、アラナ・スミス選手 アメリカ代表のアラナ・スミス選手は、2021年東京オリンピックにてスケートボ‥ 続きを読む
もう一度走ることを決めた熱い思い、大迫傑選手 東京オリンピックの男子マラソンでレースの10日前に突然、現役引退を発表した大迫傑選手は‥ 続きを読む
失敗が止まらない…苦しい時の思考法 挫折続きだった人生から、 今ではスポーツメンタルコーチとして プロアス‥ 続きを読む
調子がいいのに結果が伴わない時の思考法 年間で20名前後のアスリートとの 長期契約をしておりま‥ 続きを読む
スケートを通じて出会えた素敵なご縁、小平奈緒選手 小平奈緒選手は、女子スピードスケートの競技においてオリンピックで初めて金メダルを獲‥ 続きを読む
強い信念で掴んだ銅メダル、坂本花織選手 フィギュアスケート女子は4回転を飛べるようになったロシア勢が目立つ時代になってきまし‥ 続きを読む
努力が続かない自分に嫌気が差す やる気やモチベーションについて 本を執筆した事があります。 ‥ 続きを読む
『もう無理…』メンタルが折れた時の思考法 スポーツ選手のメンタルを支えることを専門の仕事をして11年目になります。 ‥ 続きを読む
【メンタルを育てる】敗戦や試合を振り返る事が重要な理由 プロ野球、プロサッカー選手、 ゴルファーや競輪、競艇、騎手など‥ 続きを読む
浮き沈みした気持ちからメンタルを整えるには? 総SNSフォロワーが17万人超え、 多くのアスリートから相談メールが届きます‥ 続きを読む
イライラした気持ちをコントロールするには? スポーツメンタルコーチとして 毎年250回ほどのメンタルコーチングを行っていま‥ 続きを読む
失敗やミスはやだ!完璧主義を目指すのはダメなのか? スポーツを頑張る選手の 心を支える仕事をして 10年が経ちます。 ‥ 続きを読む
金メダリスト!ネイサン・チェン選手その強さの秘密 フィギュアスケートは、日本でも多くの人を魅了するスポーツです。 20‥ 続きを読む
メンタルの成長力を高める2つのポイント 年間でセミナーを 開催する事が30回ほどあります。 地方に出向いて学校や‥ 続きを読む
自信がない時は〇〇を探す 自信がないスポーツを頑張る選手の気持ちを高める仕事をして10年のキャリアがあります。 ‥ 続きを読む
オリンピックイヤーに現れたシンデレラ!河辺愛菜選手 北京オリンピックも残すところあと数日となりました。今回スポットを当てるの‥ 続きを読む

123456789