TOP SERVICE CONTACT

怪我との向き合い方とメンタルの保ち方

 

どんな怪我であっても、

怪我ほど辛いものはないと思います。

 

誰にも理解されない痛み・・・

復帰したいけど思うように治らない・・・

そして、
チームから置いていかれる焦り・・・

image

 

「ちょっとくらいの痛みなら大丈夫!」

そう思った矢先に
何度も怪我を繰り返す事に・・・

だから、
「この怪我はずっと付き合っていくしかない・・・」

そう感じてしまうことも
あると思います。

実際、
私が開催しているセミナーに
怪我をした選手が何人も来ます。

・前十字靭帯を断裂
→復帰は半年後…

・左足首を脱臼骨折
→復帰は1年後…

・顔面陥没骨折
→今シーズンは終了…

話を聞くだけでも
その表情から無念さを感じます。

時には涙を流しながら、
想いを語ってくれます。

私自身、
大きな怪我をしませんでした・・・

ただ、
慢性的な痛みで
高校時代は苦しみました。



・ひざ痛(オスグット氏病)
・腰椎分離症からの椎間板ヘルニア…
 
そして、
・野球肘…

どれも
手術が必要ではない症状でした。
 
しかし、どれも痛みを騙しながら
プレイするしかありませんでした。


そんな中途半端な状態では
当然結果も出ませんでした。

でも、
中途半端でもいいからやらないと行けなかった・・・

そうしないと、
もうチームには戻れない気がしたから…

それを考えてた時期が
1番怖かった時期でした。

大好きな野球が嫌いになる気がして…
それを凄く恐れました。

その為に、

走り続けるしかない・・・
痛みを押して練習するしかない・・・
治しながらプレイするしかない・・・


そう思いながら
現役生活最後の1年は過ぎました。

そして、
何もかもが中途半端な
結果で終わりました。


これほど悔しい経験はありませんでした。
2度と味わいたくない挫折感でした。

もしあの時期に、
もっと怪我と向き合えたら・・・
もっと自分の気持ちと向き合えたら・・・

 
したくないですが、
たらればの話は尽きません。

ただ、
今怪我で苦しむ選手には
私と同じ想いをして欲しくない…
そう心から思ってます。
 
以前、
怪我に苦しむソフトボール選手がいました。
 
慢性的な痛みが生まれる、
足底筋膜炎に苦しんでいたのです。
 
医者からは
一生付き合う怪我と言われました。
 
本人も怪我を治すことよりも
怪我との付き合い方を選びました。
 
しかし、
ことある毎に足が痛みます。
 
身体の痛みは心の痛みになるので、
とても深刻な問題でした。
 
そこで怪我を治すことに
舵をきることにしたのです。
 
治せないものと決めつけるのではなく、
最大限の努力をしたらどんな結果になるか?
 
ここにフォーカスを変えたのです。
その結果わずか2ヶ月で怪我が完治。
 
さらには、
選手としてキャリアハイの結果を
残すことができました。
(詳しくは私の著書である一流をめざすメンタル術にて)
 
この選手のように
怪我さえ良くなれば活躍できる
選手って沢山います


そんな選手達と
沢山出会って来ました。

だからこそ、
怪我とこれから付き合うとか
考え欲しくない
のです。

怪我を乗り越えて、
自分史上最高ボディー
手に入れて欲しい。

夢を叶える肉体を
手に入れて欲しいのです。
 
それは
本来あるべき目標なはず・・・

怪我を治す事を
目標にしないで欲しい
のです。

怪我を乗り越えた先の
目標を大事にして欲しい
のです。

それくらい、
目標をどのように設定するか?

それが
大事だと思ってます。
 
怪我すると、
塞ぎ込みがちですが
怪我した時にこそ目標を見直しましょう!
 
それだけ目標が持つ力は偉大
だと思ってます。
 
このコラムが少しでも、
怪我をした選手の気持ちが
晴れやかになれることを祈っております!
 
最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます!

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
 
 
”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む
”楽しんでやろう”という気持ちで進み続ける守護神、西川周作選手 史上最年少でのJ1通算500試合、J1史上2‥ 続きを読む
”最強のメンタル”で次なる舞台へ、池江璃花子選手 本当に”泳ぐことが好きなんだろうな&rdquo‥ 続きを読む
”どんな選手にも通じる”強いメンタル、錦織圭選手 リターン、足の速さ、スイングスピードは世界屈指と称される錦‥ 続きを読む
淡々と冷静にゴルフと向き合う優等生、西郷真央選手 伝説的プロゴルファーであるジャンボ尾崎氏に指導を受け、全国3連覇を成し遂げた中学時‥ 続きを読む
”うつ病”公表後も進化し続けるトップアスリート、大坂なおみ選手 男女通じてアジア人初となる世界ランキング1位‥ 続きを読む
”ダブルゴール”は人生を支えるもの、岩出雅之監督 26年間もの長い間、帝京大学ラグビー部を指導してきた岩出雅‥ 続きを読む
落ち着くための”ネガティブシンキング”、ローリー・マキロイ選手 2015年にフェデックスカップを優勝して以来‥ 続きを読む
格闘技を盛り上げる“天才キックボクサー“、那須川天心選手 数ある格闘技の中でもその迫力から根強い人気を誇るボ‥ 続きを読む
「素直さが足りない」と言われた時の対応 スポーツメンタルコーチの 鈴木颯人です。 サポートする選手は10代から3‥ 続きを読む
才能とハングリーさを併せ持つ侍!久保建英選手 ユース時代に毎年日本で行われるバルセロナキャンプで評価され、バルセロナ選抜としてベルギ‥ 続きを読む
ボクシングを全力で楽しむ世界王者、井上尚弥選手 完璧なボクシングスタイルとその圧倒的な実力で”日本ボクシング界の‥ 続きを読む
カウンセリングルームを構える理由 オンラインが主流となり、 ネットを介してすぐに繋がれる世の中になりました。 便‥ 続きを読む
日本代表の精神的支柱となった吉田麻也選手 今年は4年に一度のW杯ですが、新型コロナウィルスの影響もあり例年の時期ではなく11月21日‥ 続きを読む
探究心が生み出した小柄なホームランバッター、吉田正尚選手 2021年25年ぶりのリーグ優勝を果たしたオリックバッファローズ。そんな素‥ 続きを読む
哲学を纏い最後まで戦った、村田諒太選手 新型コロナウィルスの拡大を受け延期されていたゲンナジー・ゴロフキン選手とのWBA、IBF世界‥ 続きを読む

123456789