TOP SERVICE CONTACT

スランプを抜け出すためには?

 

私は、
東京の等々力やオンラインで月に2回

様々な競技で活躍するアスリートに
向けたセミナーを開催してます。
スポーツメンタルコーチ
そこで、脳科学や心理学などの科学を

交えたスポーツメンタルコーチング

についてお伝えしております。


また、アスリートを対象に
年間で300回から多い年には500回を越える
1対1のスポーツメンタルコーチングを行っています。


プロで活躍する野球、サッカー選手。
オリンピックを目指す水泳、卓球、柔道、などの
トップアスリートを中心にサポートしております。

 

日本には四季があります。

四季を通じて季節の変化を感じます。

 

また季節の変化を通じて、

自分が置かれた立場や状況を

理解するキッカケにもなります。

 

新しい季節になり、

新しい環境で頑張ってる人。
新しい後輩に囲まれている人。
最後のシーズンに向けて頑張ってる人。
 
季節の変わりになると、 
新しい事にもチャレンジし、
より一層の成長を期待する人が多いものです。
 
それ自体、
とても素晴らしいことであり、
頑張るキッカケは何であれ最高です。
 
しかし、
行動したのにも関わらず
空回りしてしまうケースもあります。
 
そんな選手と接する機会が増えたときに
ある事に気付きました。
 
新しい事にチャレンジするとき 
あることを心の中で感じるのです。
 
それが、 
変化を実感出来ない…
成長を実感出来ない…
 
だから、 
技術が下がっているかも…
今までのやり方に戻すか迷う…
 
そんな気持ちを抱く時でもあります。
そしてその状態が続き結果も出ないと
スランプに陥ったのではないかと思うものです。
 
その上で、
大前提として覚えて欲しい事が
スランプにおいて1つあります。
 
それは、
新しい変化を取り入れるときは 
必ず停滞期が訪れるということです。
 
この停滞期をスポーツ心理の世界では 
スランプと呼びます。
 
この停滞期に対してスポーツ心理学では 
非常に面白い見解を載せてます。
 
すご?く簡単に説明すると
 
「スランプを抜けると必ず成長する」
ということなんです。¥^^¥
 
 
 
正直、
「当たり前じゃん!」
と思う方が多いと感じます・・・笑
 
だからこそ
停滞期の抜け方を知っているか?
これが1番のポイントだと思います。
 
では、
皆さんはこの停滞期であるスランプを
普段はどのように乗り越えようとしてますか?
 
人に聞く。
原因を追求する。
試行錯誤を繰り返す。
 
などなど…
 
コレら愚直に取り組むだけでも成長が
かなり期待出来ると思います!
 
実はさらに、
成長を促す方法があります。
 
意外な方法でありながら、
多くのアスリートが出来ない事でもあります。
 
それが、 
休憩を適切に取り入れることなんです。
  
とっても意外ですよね?
というのも何か新しい事にチャレンジするとき、
多くの人がやりがちな行動があります。
 
それが、
努力を積み重ねることです。
 
その努力自体は
とても素晴らしい事です。
 
回数こなせないと、
ある程度の成長は見込めません。
 
しかし、 
その努力が闇雲な努力になっている
可能性が高いことに気付きました。
 
例えばあるフィギアスケートで
頑張る選手がいました。
 
実力的には全日本に出場でき、
入賞も狙えるレベルでした。
 
しかし、
試合前になると
必ずある事がおきるのです。
 
それが、
モチベーションの低下でした。
 
どれだけ実力があっても、
練習に取り組むための気持ちが
ついてこなかったのです。
 
しかし、
努力だけは人一倍やるのです。
 
一流のコーチからも教わり、
技術はどんどん高まってきます。
 
しかし、
気持ちが上がらないので
一つ一つの動作を大切にできないのです。
 
素晴らしい教えも、
自分の意識次第では無意味な
努力の積み重ねになるのです。
 
そこで、
思い切って休憩を取り入れてもらいました。
 
ちょっとしたおやすみです。
選手にとっては休むことすら不安です。
 
しかし、
気持ちが上がらない中で無理して
練習することの方が危険と判断したわけです。
 
すると、
練習での向き合い方に変化が起きたり
たったの3日だけの休息にも関わらず
以前よりも演技が上手になりました。
 
自分自身を追い詰めるような選手にとっては
適切な休息はとても効果的なのです。
 
これだけ素晴らしい休息も、
その人の努力にとって効果は変わってきます。
 
しかし適切な休息によって
ある素晴らしい効果がおきると言われています。
 
それは
技術の定着が早まるということ。
 
これは脳科学的にも休憩を取り入れた方が
新しい神経回路が出来上がりやすいと言われています。
 
言い換えると適切に休憩を取り入れることで、
新しい変化をより確実に吸収し易くなるのです。
 
新しい季節になると
どうしても頑張りたい気持ちが
強くなると思います。

今年こそは
レギュラーになる!
絶対に優勝するんだ!
 
そして、
去年の後悔を繰り返したくない!
 
そうやって頑張り過ぎる時こそ、
適度な休憩が大事になります。
 
だからこそ練習だけでなく、
休息も取り入れてみてくださいね。
 
最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

 

合わせて読みたい記事

1、結果を出したいと思った時にどんなメンタルが必要か?

2、試合後の気持ちを整えるためには?

3、試合前の緊張感はメンタルの成長チャンス!

4、スポーツで自信がない時にどうしたらいいか?

5、強いチームと弱いチームの違い

 

【このコラムの著者】

スポーツメンタルコーチ鈴木颯人,トップアスリート育成プロスポーツメンタルコーチ
一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人

 プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。

【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから

 

※当コラムでは専門的な用語を抜きに誰にでも理解できる形で綴らせていただいております。もっと専門的なことを学びたい、心理学や脳科学などを交えて知りたいと思う方は以下のセミナーにご参加ください。

 

書籍一覧

スポーツメンタルコーチ

鈴木颯人が提供する講座・セミナー

スポーツメンタルコーチになる為には?

スポーツメンタルコーチ
【受付中スポーツメンタルコーチになる為のセミナー
-アスリートのパフォーマンスを引出すメンタルコーチになる為には-  
 

子供たちのメンタルを人になる為には?

スポーツメンタルコーチ
【受付中 息子、娘、子供のメンタルを強くする親、指導者になるには?
-親御さん、指導者の為の子供のメンタルを高める方法-
 

 

ゾーンに入る方法講座

スポーツメンタルコーチ
【受付中極限の集中ゾーンに入る方法
-自分史上最高パフォーマンスへの入り口-
 

緊張や不安をなくし自信を高める方法

【受付中緊張や不安を無くし自信を高める方法
-脳と心の仕組みを利用した自信を高める最先端の方法-
 

やる気とモチベーションを上げるスポーツ科学と脳と心の仕組み講座

【受付中】やる気とモチベーションを上げるスポーツ科学と脳と心の仕組み講座
-年間1000人以上のアスリートと接する中で判明した目標が達成しにくい理由とは?- 
 
 

公式YouTube

スポーツメンタルコーチ

公式メルマガ

スポーツメンタルコーチ
 
 
”ボトムアップ理論”で育てるステキな人材作り、畑喜美夫氏 サッカー選手として国体2位、ユースで日本代表、大学‥ 続きを読む
”伸び幅”という才能で前進する二刀流、大谷翔平選手 二刀流の挑戦を成功させた大谷翔平選手。初めは批判的な意見‥ 続きを読む
”ポジティブな言葉がけ”でメンタルケア、ダルビッシュ有投手 15種類もの変化球を操ることができ、男女問わず多‥ 続きを読む
”楽しんでやろう”という気持ちで進み続ける守護神、西川周作選手 史上最年少でのJ1通算500試合、J1史上2‥ 続きを読む
”最強のメンタル”で次なる舞台へ、池江璃花子選手 本当に”泳ぐことが好きなんだろうな&rdquo‥ 続きを読む
”どんな選手にも通じる”強いメンタル、錦織圭選手 リターン、足の速さ、スイングスピードは世界屈指と称される錦‥ 続きを読む
淡々と冷静にゴルフと向き合う優等生、西郷真央選手 伝説的プロゴルファーであるジャンボ尾崎氏に指導を受け、全国3連覇を成し遂げた中学時‥ 続きを読む
”うつ病”公表後も進化し続けるトップアスリート、大坂なおみ選手 男女通じてアジア人初となる世界ランキング1位‥ 続きを読む
”ダブルゴール”は人生を支えるもの、岩出雅之監督 26年間もの長い間、帝京大学ラグビー部を指導してきた岩出雅‥ 続きを読む
落ち着くための”ネガティブシンキング”、ローリー・マキロイ選手 2015年にフェデックスカップを優勝して以来‥ 続きを読む
格闘技を盛り上げる“天才キックボクサー“、那須川天心選手 数ある格闘技の中でもその迫力から根強い人気を誇るボ‥ 続きを読む
「素直さが足りない」と言われた時の対応 スポーツメンタルコーチの 鈴木颯人です。 サポートする選手は10代から3‥ 続きを読む
才能とハングリーさを併せ持つ侍!久保建英選手 ユース時代に毎年日本で行われるバルセロナキャンプで評価され、バルセロナ選抜としてベルギ‥ 続きを読む
ボクシングを全力で楽しむ世界王者、井上尚弥選手 完璧なボクシングスタイルとその圧倒的な実力で”日本ボクシング界の‥ 続きを読む
カウンセリングルームを構える理由 オンラインが主流となり、 ネットを介してすぐに繋がれる世の中になりました。 便‥ 続きを読む
日本代表の精神的支柱となった吉田麻也選手 今年は4年に一度のW杯ですが、新型コロナウィルスの影響もあり例年の時期ではなく11月21日‥ 続きを読む
探究心が生み出した小柄なホームランバッター、吉田正尚選手 2021年25年ぶりのリーグ優勝を果たしたオリックバッファローズ。そんな素‥ 続きを読む
哲学を纏い最後まで戦った、村田諒太選手 新型コロナウィルスの拡大を受け延期されていたゲンナジー・ゴロフキン選手とのWBA、IBF世界‥ 続きを読む

123456789