TOP SERVICE CONTACT

ストイックに努力していても結果が出ないとき

スポーツメンタルコーチ

一流選手になると、

練習量の豊富さが注目されます。

 

先日女子ゴルフで賞金女王になった稲見萌寧さんも、

1日10時かの練習量の多さで勝ち取りました。

 

しかし、

中には練習量を重ねながらも

結果が出ないこともあります。

 

努力は裏切らないのに、

努力が裏切る。

 

このような事が

どうして起きるのか?

 

その理由と結果が出ない時の考え方について

綴りたいと思います。

 

目次

1、努力は本当に裏切らないのか?
2、努力には2種類ある
3、努力の質を変える時の注意点
4、まとめ

努力は裏切らないのか?

どんな選手であっても、

努力を続けていると思います。

 

目標や叶えたい夢のために、

プライベートや遊びを削ってまでも

全てを競技に捧げて努力すると思います。

 

そして結果を出したときに、

言葉では表せないほどの充足感に満たされます。

 

この感情を満たすために、

スポーツ選手は苦しい練習や試練を耐えて

日々自分自身を高めて行けるのでしょう。

 

そして、

その感覚をもっとも強く感じたのが

幼少期時代の自分だと思います。

 

幼少期ほど

努力したらすぐに結果が現れるのは

とても嬉しい経験だったと思います。

 

このような成功体験を私たちは

無意識に重ねているからこそ努力は

裏切らないと心から思えると思います。

 

そして、

結果が出ないと努力が

足りなかったと思うのです。

 

しかし、

それは本当に努力の差だったのでしょうか?

 

結果とは、

努力の差で片付けていいのでしょうか?

 

スポーツメンタルコーチとして2011年から創業し、

何人もの選手に出会ったからこそ気付いたことがあります。

 

それは、

努力には2種類あるということです。

 

そして、

その違いに気づかないと努力は無駄になりがちなのです。

 

努力には2種類ある

多くの方が努力に対して、

思い込みがあると感じます。

 

それが、

「量」や「時間」による努力です。

 

多ければいい。

長ければいい。

 

努力に対して、

このような思い込みがあります。

 

しかし、

努力にはもう一つの側面があります。

 

それが、

「質」です。

「クオリティーとも言います。

 

この質を向上していくことが

努力をする上で最も大事になります。

 

例えば、

野球で100回素振りをするのと

100回コーチに見てもらいながら

努力するのでは質が違います。

 

常にコーチに認めらう事ができないから

動画にして自分に見直すだけでも違ってきます。

 

さらには、

コーチにも色々いて専門的な知識を持っている方に

教わるのとそうでないのでも違いが生まれます。

 

何も野球に限らず、

全ての競技において言える事です。

 

量を重ねることで質を高めることもできますが、

質を高めることで効果的な努力を積み重ねる事ができるのです。

 

努力の質を変える時の注意点

今まで取り組んできた努力を変える時に

是非とも注意して欲しいことが1つあります。

 

それが、

大きく変えすぎないということです。

 

結果がうまく出ないときに、

どうしても人は大幅な変化を求めます。

 

道具を変えたり、

技術的に何かを変えたり、

コーチやトレーナーを変えたり・・・

 

結果が出ない日が続くと、

大幅に変えたくなるものです。

 

それが人間です。

当たり前ことかもしれません。

 

そして、

その方法が功を奏して

結果に結びつくこともあります。

 

しかし、

それは本当の実力なのでしょうか?

大幅な変更ほど実力とは違う力が働くケースがあります。

 

大幅な変更を通じて得た結果は、

勘違いを助長したりします。

 

実力を勘違いすることによって生まれるのが、

結果が出なかった時の修正力になります。

 

この修正力を手に入れにくいので

結果的にさらに大崩れする可能性があります。

 

だからこそ、

努力の質を変える時には

大きく変えるのは小さく変えて欲しいのです。

 

このことを

マージナルゲインと言います。

 

イギリスのロードレースチームである

チームスカイが結成5年以内にツールドフランスで優勝することを宣言します。

 

誰もがその目標宣言に対して鼻で笑ったのですが、

たったの3年で優勝してしまいました。

 

その際にチームが意識していたことが

マージナルゲインになります。

 

「マージナルゲイン(限界利益)」とは2012年にイギリス人初のツール・ド・フランス(※)総合優勝者を生んだ「チーム・スカイ」のゼネラルマネジャー、デイブ・ブレイルスフォードさんがスポーツ界に広めた考え方です。

 

これは「1%の戦略」とも呼ばれます。

 

選手の回復方法やマシンの部品に到るまで

あらゆる点で小さな改善を積み重ねていきます。

 

もちろん手当たり次第に

改善していくのではありません。

 

1つの大きな目標を達成するために100個、

1000個の小さな改善を積み重ねていきます。

 

大きな結果を得たいからこそ、

大きな改善ではなく小さな改善の積み重ねが大事なのです。

 

努力の質を高める必勝法

最後に、

努力の質を高める必勝法について

綴りたいと思います。

 

1、具体的な目標を設定する
2、コンフォートゾーンを出る
3、フィードバックを得る
4、集中力を高める環境づくり
5、体系化された練習方法がある
6、有効なイメージができる
7、知識ではなく技能の向上ができる

 

フロイダ州立大学心理学教授であるアンダース・エリクソンが書かれた「超一流になるのは才能か努力か?」という本に書かれている内容です。

 

努力の質を高めるために超大事なのが1つだけ

今回はピックアップしたいと思います。

 

それが、

「体系化された練習方法がある!」

これはとても大事な視点だと思っています。

 

所謂、ドリル系のトレーニングだと思います。

この点があるかないかで努力の質が一気に変わります。

 

いつもずっとトレーナーをつけてトレーニングしなくても、

効果的な練習法を知っているか否かが成長のポイントになります。

 

独自の方法で頂点を極めるのはとても大事ですが、

再現性を追求した時にどんな方法がいいのか?

 

それは

探すしかありません。

 

しかし、

知っている人に聞くことができれば、

自然と結果は生まれるものです。

 

一番は、

その方法を知っている人をどう見極めて

出会うことが出来るか・・・?

 

スポーツの世界では、

これを追求するために旅に出るようなものです。

 

この旅はとても困難と失敗はつきものです。

だからこそ小さな失敗を大事にしてみてください。

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
 
最強の縁と向上心で育成から一流投手へ、千賀滉大投手 アメリカ・メジャーリーグのニューヨークメッツに所属の千賀滉大選手。育成ド‥ 続きを読む
ライバルが気になって仕方がたない場合のメンタルの整え方 「ライバルのSNSが気になって仕方がない」 そういって、 怒りを‥ 続きを読む
スポーツ選手が口を揃えて話す言語化に潜む罠 言語化をすることが求められる場面が増えました。日本ではサッカーでよく言語化と言わ‥ 続きを読む
選手たちから学んだ大切な想い スポーツメンタルコーチとして 12年活動してます。 選手とのメンタ‥ 続きを読む
自信を高めるために〇〇してますか? 八方美人と聞いてみなさんは どんな印象を持ちますか? ‥ 続きを読む
一流のメンタルを持つ”ドラマチックな男”、浅野拓磨選手 ドイツ・ブンデスリーガのVfLボーフムに所属し、日本‥ 続きを読む
第85回スポーツメンタルコーチになるには?セミナー受講者の感想 N.Kさん 競技・野球 鈴木様 こちらこそ本日はありがと‥ 続きを読む
逆境を跳ね返すメンタルを持つ”日本のメッシ”、堂安律選手 ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクに所属の堂‥ 続きを読む
「私と同じような辛い思いをしないようにサポートしたい」内海賢也さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講‥ 続きを読む
「スポーツ選手を支えている人たちの力になりたい」加藤文香さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講座卒業‥ 続きを読む
”信頼”を築くことでメンタル安定、女性アスリートの人間関係 現代人が生活するなかで悩みの種となるのが&rdq‥ 続きを読む
メンタル強化が導く女性アスリートの魅力、良好な恋愛へ パフォーマンスのコンディションを大きく左右するものがメンタル。そのメンタルに大‥ 続きを読む
”生理移動”、ピルの活用で女性アスリート”悩みの種”を解決 ”子供を産め‥ 続きを読む
大事なのは”状況判断”と”泥臭い頑張り”、森保一監督 ”ハンス・オフトの‥ 続きを読む
【世界中で話題】ゴールデンサークル理論とアスリートの応用法を紹介 皆さんは、「最近モチベーションが続かない」や「チーム全体の‥ 続きを読む
苦悩の中でもブレなかったビッククラブへの夢、南野拓実選手 アジア人そして日本人初となるイングランドのプレミアリーグ・リヴァプールでプ‥ 続きを読む
”柔軟なマインド”で世界最大のクラブに挑戦、冨安健洋選手 プレミアリーグ・アーセナルに所属する冨安健‥ 続きを読む
サッカーを通して学んだ人間性の重要性、三苫薫選手 イングランド・プレミアリーグのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンに所属する三苫‥ 続きを読む

123456789101112