TOP SERVICE CONTACT

感情(メンタル)の起伏をなくす方法

スポーツメンタルコーチ

自分に期待することではじめて物事は可能になる。

 

あの有名バスケットボール選手の
マイケルジョーダンの言葉です。
 
 
長いシーズン、
戦っているといい事もあれば、
ダメな時も必ずあります。
 
 
素晴らしい準備、
素晴らしい仲間と、
素晴らしい時間を過ごしたと思うほど
期待した通りの結果が出ない日々は
悶々とします。
 
 
モチベーションだって、
上がったら下がったり。
 
 
こんなんでいいのか…
周りの期待に応えたい…
 
 
周りの目が気になれば気になるほど、
結果を出さない自分に嫌気がさします。
 
 
過去に輝かしい結果を持っていれば、
なおさら現状を認められないと思います。
 
 
この感情の起伏を
どうやって乗り越えたらいいのか?
 
 
そこで思い出すのが、
サーフィンです。
 
 
いい波に乗るには、
波が来るのをひたすら
待つしかありません。
 
 
沖を見て、
「波きたな?…」って。笑
 
 
調子だって、
同じに捉えます。
 
 
何かうまく噛み合った時に、
調子がいい現象が起きます。
 
 
プロ競技になると、
一定のパフォーマンスを
発揮し続けないといけません。
 
 
するとどうしても、
どこかで調子の波が崩れる事があります。
 
 
あれだけいい波がきてたのに、
パタリと止まってしまうのです。
 
 
その都度、慌てて
バタバタしても波は来ません。
 
 
無理に気持ちを奮い立たせても、
疲れてしまいます。
 
 
頑張り過ぎる人ほど、
オーバーワークや心の疲れ
(うつ病、燃え尽き症候群)に結びつきやすいです。
 
 
なのでそうなってからでは遅いのです!
そうなって欲しくないのです。
 
 
なので、
もう一つ上のメンタルの
世界にいく必要があります。
 
 
その状態こそが
「無(ゾーン)」になります。
 
 
結果がよくても、
無っ!
 
 
結果が出なくても、
無っ!
 
 
殆どの方が
極限の集中状態であるゾーンに
なりたがる人が多いです。
 
 
しかし、
1番大事なゾーンは
何事にも動じない状態そのものになります。
 
 
なので、
普段からどれだけ力を
抜けるかを大事にしてます。
 
 
力を抜く為にはどれだけ力が
入ってるかを知る必要もあります。
 
 
特に頑張れば頑張るほど、
私たちの身体は無意識に力が入ります。
 
 
なので、
頑張るんだけど力は抜く
イメージが大切になります。
 
 
その為にも、
頑張りすぎないのも大事なんですよね。
 
 
不思議なもので、
スポーツの世界は努力しても
結果が出ない事があります。
 
 
その一方で、
努力してないのに
結果を出しちゃう天才もいます。
 
 
そうすると、
結果を生み出す為に
本当に必要な事はなんなのでしょうか?
 
 
スポーツの世界は
非情な世界です。
 
 
結果を出したら、
全て正解のようになります。
 
 
そして、
過去の経験者の発言が
あたかも正解に見えます。
 
 
しかし、
時代とともの正解は
必ず変化して行きます。
 
 
正解ではなく、
その時の最適解を見つける事が
頑張るコツなのです。
 
 
頑張り過ぎない為にも、
勝つ為のコツを大事にしてみてください。
 
 
そしたら、
感情の起伏に悩むこともなくなると思います。
 
 
参考までに。

 

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
第85回スポーツメンタルコーチになるには?セミナー受講者の感想 N.Kさん 競技・野球 鈴木様 こちらこそ本日はありがと‥ 続きを読む
逆境を跳ね返すメンタルを持つ”日本のメッシ”、堂安律選手 ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクに所属の堂‥ 続きを読む
「私と同じような辛い思いをしないようにサポートしたい」内海賢也さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講‥ 続きを読む
「スポーツ選手を支えている人たちの力になりたい」加藤文香さんのスポーツメンタルコーチングへの想い スポーツメンタルコーチ資格講座卒業‥ 続きを読む
”信頼”を築くことでメンタル安定、女性アスリートの人間関係 現代人が生活するなかで悩みの種となるのが&rdq‥ 続きを読む
メンタル強化が導く女性アスリートの魅力、良好な恋愛へ パフォーマンスのコンディションを大きく左右するものがメンタル。そのメンタルに大‥ 続きを読む
”生理移動”、ピルの活用で女性アスリート”悩みの種”を解決 ”子供を産め‥ 続きを読む
大事なのは”状況判断”と”泥臭い頑張り”、森保一監督 ”ハンス・オフトの‥ 続きを読む
【世界中で話題】ゴールデンサークル理論とアスリートの応用法を紹介 皆さんは、「最近モチベーションが続かない」や「チーム全体の‥ 続きを読む
苦悩の中でもブレなかったビッククラブへの夢、南野拓実選手 アジア人そして日本人初となるイングランドのプレミアリーグ・リヴァプールでプ‥ 続きを読む
”柔軟なマインド”で世界最大のクラブに挑戦、冨安健洋選手 プレミアリーグ・アーセナルに所属する冨安健‥ 続きを読む
サッカーを通して学んだ人間性の重要性、三苫薫選手 イングランド・プレミアリーグのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンに所属する三苫‥ 続きを読む
苦境にいる人を見て疲れるのは脳神経が原因?思いやりのメカニズム みなさんは「苦境にいる他人の境遇に共感して自分も疲れてしまった」とい‥ 続きを読む
知らずに心理的疲労を感じる共感疲労とは?脳科学的にみる対策を紹介 皆さんは「なんだかメンタル的な疲れを感じる」や「ふとした時に自己嫌‥ 続きを読む
オーバートレーニング症候群から復活!日本代表の守護神、権田修一選手 サッカー日本代表のGK権田修一選手。過去6度のW杯に出場したGK‥ 続きを読む
”メンタリティーの強さ”で挑み続ける侍、鎌田大地選手 ドイツ、ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト‥ 続きを読む
頼れるチームの存在で安定したメンタル、松山英樹選手 レクサス(トヨタ自動車)に所属するプロゴルファーの松山英樹選手。日本人最年少でマ‥ 続きを読む
セカンドキャリアで輝きを増すヒロイン、浅田真央選手 アジア人として初めて1大会で3度のトリプルアクセルを成功させた浅田真央選手。幼い‥ 続きを読む

123456789101112