TOP SERVICE CONTACT

体重を気にしてしまい一喜一憂してしまう悩みについて

スポーツメンタルコーチ

 

2011年創業以来、

多くのアスリートにお越しいただきました。

 

その中でも、

表現系のアスリートは他の競技にはない

独特の悩みを持っています。

 

その一つに、

体重があげられます。

 

技の凄さを生み出すために、

自分自身の体重が影響したります。

 

さらには、

見た目も採点に影響するだけに

体重を意識しないわけにもいきません。

 

そのために、

毎日のように体重計に乗っては

一気一憂を繰り返す日々がストレスに…

 

そのストレスと戦う中で

過食や絶食を繰り返して苦しくなる…

 

ストレスに陥入り、

競技に集中できないことにも…

 

そんな表現系のアスリートが

体重を気にせずストレスを対処できる方法を

綴っていきたいと思います。

 

目次

1、目的を明確にする
2、常にベスト体重は変化する
3、体重よりもベストパフォーマンスに意識を向ける
4、体重計に乗らないことを選択したアスリートの話
5、まとめ

目的を明確にする

そもそも、

体重計に乗る目的はなんですか?

 

目的をまずは

明確にする必要があります。

 

ちなみに、

目的とはこんな意味です。

実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。
引用・goo辞書

例えば、

体重を45Kgにしたいとします。

これは目標なんです。

 

本来は、

この目標設定の先に目的があるはずです。

 

いい演技がしたい。

〇〇大会で優勝したい。

 

など、

なんでもOKです。

 

目標と目的がごちゃごちゃになってしまう

選手ってすごく多いのです。

 

そして、

目標のために競技をしている子もいます。

 

体重を適正にすることが

競技を続ける理由ではないですよね?

 

だからこそ、

目的を明確にしてほしいのです。

 

常にベスト体重は変化する

ベスト体重って、

どんな理由で決められるのでしょうか?

 

表現系の選手であれば、

トレーナーや先生の意見が多いと思います。

 

しかし、

他人から決められたベスト体重って

本当にベスト体重なのでしょうか?

 

私はとても疑問があります。

 

一般論や研究で

平均値はあるかもしれません。

 

しかし、

自分にとってベストは

自分でしか感じられないはずです。

 

だからこそ、

ベストの体重に縛られるのではなく、

ベスト体重を自分で探す暗い気持ちもが

必要だと思うのです。

 

他人から与えられた目標ほど、

達成しにくいと言われます。

 

その理由の1つに、

外発的動機が挙げられます。

 

文字通り、

行動する動機が外にあります。

 

地位や名誉、

さらにはお金や人からの評価も含まれます。

 

そして、

誰かに指図されて行動するのも

外発的動機の一つになるのです。

 

そして、

そういった動機ほどモチベーションは続きません。

 

体重で苦しむ選手ほど

自分で見つけた目標ではないのです。

 

体重よりもベストパフォーマンスに意識を向ける

体重に囚われている選手ほど

体重を気にする人が周りにいると思います。

 

そこで、

目の向けどころを変えたいのです。

 

それが、

ベストパフォーマンスです。

 

どれだけベストを尽くして体重を減らしても、

結果に直結しなければ意味がありません。

 

だからこそ、

体重よりもベストパフォーマンスを目指したいのです。

 

比重で表すと、

 

体重 <  ベストパフォーマンス

 

この図式を理解すると、

劇的に変化が早まると思います。

 

体重管理は

あくまでも手段です。

 

試合当日に、

ベスト体重でなければ苦しむのは自分です。

 

しかし、

ベスト体重すら気にせずに

ベストパフォーマンスに目を向けていれば

試合当日に細かなことで苦しむことはないのです。

 

体重計に乗らないことを選択したアスリートの話

以前、

フィギアスケートの鈴木明子さんと

お会いする機会がありました。

 

鈴木さんは以前、

摂食障害で苦しんだ過去があったので

体重管理などどうしていたのか気になったからです。

 

その際に、

体重計の話になりました。

 

すると、

あるときを境に乗らなくなったというのです。

 

100gの増減で一喜一憂するくらいなら

もう乗らないことにしたとか・・・

 

その話を聞いて、

私はとてもおどろきました。

 

というのも、

トップ選手ほど体重を気にすると思っていたからです。

 

それよりも、

自分のベスト尽くす姿勢や

物事にとらわれない柔軟な思考に感動しました。

 

そんなトップ選手ですら

体重を気にしすぎないのです。

 

ぜひ、

その点をご理解いただけれると

今後のパフォーマンスアップに通じると思います。

 

まとめ

体重って

毎日増減します。

 

水を500ml飲めば理論上は

500g増えることになります。

 

体重に囚われたくないのであれば、

どのようにして体重が増えるのか?

 

その仕組みをしっかりと理解したいですよね。

その上で体重管理をするといいのではと思います。

 

そして、

体重はあくまでも手段です。

 

体重管理した先の目的を

是非とも大事にして過ごしてほしいなと思います。

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
 
”世界最高峰での険しい道”で得たスキルとメンタル、石川祐希選手 世界最高峰のリーグ、イタリアセリエAのミラノ‥ 続きを読む
1人で頑張らないといけないのか? アスリートと接する中で、 こんな声を聞きます。 それが 「1人で頑張‥ 続きを読む
”異例の経歴”を持つワールドチャンピオン、F1マックス・フェルスタッペン選手 母国オランダでは、国民の95%‥ 続きを読む
緊張感も受け入れた強いメンタル、F1レーサー角田裕毅選手 日本人史上最年少の二十歳でF1ドライバーとなった角田裕毅選手。小林可夢偉選‥ 続きを読む
ニューロフィードバック|機械がアスリートを育成する仕組みとは みなさんは「脳と機械をつなぐ技術」と聞いてどのよう‥ 続きを読む
なぜ運動で脳は活性化されるのか。脳の活性化の方法をスポーツメンタルコーチが解説!  皆さんは、「運動後に清々しい気持ちになっ‥ 続きを読む
『たまたま出た結果』をスポーツメンタルコーチはどう捉えるか? スポーツメンタルコーチの鈴木颯人です。 あっとい‥ 続きを読む
習慣的な運動はシナプス可塑性を活性化する?運動学習との関係 みなさんは 「同じ問題を繰り返し解くうちに間違えることがなくなった‥ 続きを読む
サッカーにおけるプレッシャーのかかる場面でどこへ意識を向けるのが効果的か? 「プレッシャーのかかる場面で、いまいち結果が出ない。」 ‥ 続きを読む
”緊張より楽しめる”神メンタル、伊藤美誠選手 オリンピック卓球競技で史上最年少の15歳でメダリストとなった伊‥ 続きを読む
Self-efficacy(自己効力感)は怪我の回復に関係する? 怪我に悩むアスリートやスポーツマンは後を断ちません。その多くは‥ 続きを読む
年齢を気にしないチャレンジで得た強さ、石川佳純選手 小学校6年生で高校生や大学生を破ったことから”愛ちゃん2世&rdqu‥ 続きを読む
辻褄の合わない信念はモチベーションを下げる?全てのスポーツマン必見 スポーツ指導者やスポーツ選手、アスリートにとって「モチベーション‥ 続きを読む
育まれたのは”自由な感情”と”天才への集中力”、張本智和選手 得点した際に&rdqu‥ 続きを読む
ベテランとして”若手に託すべきもの”、青木宣親選手 2度のシーズン200本安打を唯一日本プロ野球史上で達成し‥ 続きを読む
プロ意識を賞賛されたスマイルシンデレラ、渋野日向子選手 42年ぶりに全英女子を制覇し、歴史的快挙を達成した渋野日向子選手。「いつも笑‥ 続きを読む
堅実な戦いで掴んだ”無敗での5階級制覇”、メイウェザー選手 スピードを駆使して戦うファイターとしてボクシング‥ 続きを読む
”独自性”から得たのは鋼のメンタル、村上宗隆選手 東京ヤクルトスワローズのスラッガーとして活躍する村上宗隆選‥ 続きを読む

12345678910