TOP SERVICE CONTACT

試合までの過ごし方で気をつけたいメンタル

選手によって、

試合間隔が異なってきます。

 

毎日試合がある人もいれば、

毎週ある人もいます。

スポーツメンタルコーチ

逆に、

1ヶ月から数ヶ月おきにある選手もいます。

 

試合の数より練習日が多かったり、

逆に練習よりも試合が多かったりします。

 

しかし、

期間の違いがあったとしても

準備期間に変わりはありません。

 

この準備期間での過ごし方は、

メンタル面に影響を与えていきます。

 

そこで今回は、

効果的な試合までの過ごし方について

綴っていきたいと思います。

目次

1、試合が近づくほど不安になる
2、理想的なメンタルの状態とは?
3、最強でも最弱でもいい。
4、不安=ネガティブって誰が決めた?
5、理想の試合までの過ごし方

試合が近づくほど不安になる

競技が違っていても、

不安に感じる気持ちは誰もが持ち合わせています。

 

その時の表現が、

「なんかソワソワする」

「モヤっとしてます」

 

そして、

「試合までドキドキする」

 

緊張感が高まることで、

このように自分の気持ちを

表現する選手が増えます。

 

ましてや、

人生を決める大きな試合であれば

当然その気持ちは増大していきます。

 

ある意味では、

試合が近づくと生まれる気持ちは

あって当然だと思うのです。

 

だから、

この気持ちをなくすよりも、

この気持ちとどう寄り添っていくか?

 

試合に向けて、

どう身体を仕上げるのか?と同じように

理想的な気持ちを目指して

日々を過ごす必要があります。

 

理想的なメンタルの状態とは?

では、

理想的なメンタルとは

どのような状態なのでしょうか?

 

一般的には前向きな気持ちや、

ポジティブな気持ちを持ちたいと思うものです。

 

つまり、

「絶対に勝てる!」

そう思える気持ちです。

 

試合にただ出場するだけでなく、

試合で結果を残したいからこそ生まれる

理想的な気持ちの状態だと思います。

 

しかし、

このメンタルの状態になったからといって

本当に私たちは試合に勝てるのでしょうか?

 

ここがとても大事なポイントです。

つまり理想的なメンタルが試合の結果に

直結しない可能性があるのです。

 

さらに、

理想通りになってないのに

試合では勝ってしまった経験もあると思います。

 

すると、

試合前までの理想的なメンタルを追い求めすぎると

自分を見失う可能性があります。

 

つまり、

試合で勝つための行動ができなくなり

試合で勝つことが出来なくなります。

 

最強でも最弱でもいい。

 

例えば、

車の運転を初めてした日を覚えてますか?

(免許持ってない方は想像お願いします)

 

初めての運転って、

ちょっとした緊張感があったと思います。

 

ある程度は誰からの運転を見てるので

想像がついてるとは思います。

 

それであっても自分が運転するとなると

緊張感が生まれてくるものです。

 

得体の知れない金属の塊を

自分の運転次第でコントロールできます。

 

しかし、

一歩間違えば大事故に繋がります。

 

大事故になると知っているからこそ、

私たちは緊張感を常に持ち合わすことが出来ます。

 

運転に慣れている人であっても、

高速通りに入れば緊張感も生まれてくるものです。

 

どれだけ慣れていることであっても、

命の危険を感じると緊張するのです。

 

これと同じように、

アスリートも同じことが言えます。

 

試合前に、

「絶対に勝てる!!」と思いたいですが

車の運転に置き換えるたらわかると思います。

 

「俺は絶対に事故しない!」と思う人の車と

「事故に気をつけよう」と思う人の車に

どっちに乗りたいと思いますか?

 

答えは明白だと思います。

後者かと思います。

 

試合前って、

命が取られる訳ではないのに

命が取られるような感覚になります。

 

なぜならば、

試合の結果次第で将来が決まるからです。

 

自分自身を運転できるのは、

自分だけです。

 

そう考えると、

自分次第で結果を変えていけます。

 

しかし、

過度なポジティブは事故を引き起こします。

 

つまり、

過信という状態です。

 

この状態であればあるほど、

試合までに必要な準備を怠ります。

 

逆に言えば、

不安な人ほど試合までに慎重になれます。

 

慎重に準備ができるから、

試合で結果を残すことができます。

 

こうやって考えると、

試合前に不安になるって案外いいものなのです。

 

不安=ネガティブって誰が決めた?

ここでちゃんと知っておいて欲しいことが、

不安を悪いものだと決めつけたのは誰でしょうか?

 

質問すると多くの人が

自分と回答してくれます。

 

そうなです。

気持ちの善悪を決めつけたのは

自分自身なんです。

 

気持ちに良いも悪いもなく、

気持ちは気持ちなんです。

 

上手に自分の気持ちを受け取れる人であり

気持ちの意味を理解できると安定した気持ちを保てます。

 

逆にいえば、

気持ちにフタをして気持ちから逃げると

気持ちは追いかけてきます。

 

気持ちの意味づけを自分の中で

正しく捉えることで落ち着くのです。

 

理想の試合までの過ごし方

ここまでお話させていただきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

理想の試合までの過ごし方において、

気持ちの捉え方を大事だとお伝えしました。

 

最後に欲を言えば、

ここまでやっておいて欲しいことが1つあります。

 

それが、

「試合で意識したいことを3つ書き留める」

ということです。

 

試合中に、

私たちは自分の調子次第であれこれと

様々なことをやろうとし過ぎます。

 

すると、

意識が飛んでしまい結果も生まれません。

 

大事なことは、

「試合までに何をすべきか?」

が集中できてる状態です。

 

何をすべきかが決まってるから、

私たちは集中できるのです。

 

そのためにも、

ノートに試合で意識したいことを

是非綴っておいて欲しいなと思います。

 

そのための準備期間だと

捉えて欲しいなと思います。

 

最後までお読みいただきまして

有難うございました。

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
 
”世界最高峰での険しい道”で得たスキルとメンタル、石川祐希選手 世界最高峰のリーグ、イタリアセリエAのミラノ‥ 続きを読む
1人で頑張らないといけないのか? アスリートと接する中で、 こんな声を聞きます。 それが 「1人で頑張‥ 続きを読む
”異例の経歴”を持つワールドチャンピオン、F1マックス・フェルスタッペン選手 母国オランダでは、国民の95%‥ 続きを読む
緊張感も受け入れた強いメンタル、F1レーサー角田裕毅選手 日本人史上最年少の二十歳でF1ドライバーとなった角田裕毅選手。小林可夢偉選‥ 続きを読む
ニューロフィードバック|機械がアスリートを育成する仕組みとは みなさんは「脳と機械をつなぐ技術」と聞いてどのよう‥ 続きを読む
なぜ運動で脳は活性化されるのか。脳の活性化の方法をスポーツメンタルコーチが解説!  皆さんは、「運動後に清々しい気持ちになっ‥ 続きを読む
『たまたま出た結果』をスポーツメンタルコーチはどう捉えるか? スポーツメンタルコーチの鈴木颯人です。 あっとい‥ 続きを読む
習慣的な運動はシナプス可塑性を活性化する?運動学習との関係 みなさんは 「同じ問題を繰り返し解くうちに間違えることがなくなった‥ 続きを読む
サッカーにおけるプレッシャーのかかる場面でどこへ意識を向けるのが効果的か? 「プレッシャーのかかる場面で、いまいち結果が出ない。」 ‥ 続きを読む
”緊張より楽しめる”神メンタル、伊藤美誠選手 オリンピック卓球競技で史上最年少の15歳でメダリストとなった伊‥ 続きを読む
Self-efficacy(自己効力感)は怪我の回復に関係する? 怪我に悩むアスリートやスポーツマンは後を断ちません。その多くは‥ 続きを読む
年齢を気にしないチャレンジで得た強さ、石川佳純選手 小学校6年生で高校生や大学生を破ったことから”愛ちゃん2世&rdqu‥ 続きを読む
辻褄の合わない信念はモチベーションを下げる?全てのスポーツマン必見 スポーツ指導者やスポーツ選手、アスリートにとって「モチベーション‥ 続きを読む
育まれたのは”自由な感情”と”天才への集中力”、張本智和選手 得点した際に&rdqu‥ 続きを読む
ベテランとして”若手に託すべきもの”、青木宣親選手 2度のシーズン200本安打を唯一日本プロ野球史上で達成し‥ 続きを読む
プロ意識を賞賛されたスマイルシンデレラ、渋野日向子選手 42年ぶりに全英女子を制覇し、歴史的快挙を達成した渋野日向子選手。「いつも笑‥ 続きを読む
堅実な戦いで掴んだ”無敗での5階級制覇”、メイウェザー選手 スピードを駆使して戦うファイターとしてボクシング‥ 続きを読む
”独自性”から得たのは鋼のメンタル、村上宗隆選手 東京ヤクルトスワローズのスラッガーとして活躍する村上宗隆選‥ 続きを読む

12345678910