TOP SERVICE CONTACT

モチベーションを高める簡単な方法

 

 

大きなく目標を抱えながらも、

目標を未だに達成できない人が多いと思います。

 

「プロ野球への夢」
「日本代表として選ばれる」


そして、
「世界の舞台でメダルを取る!」

けど、
現実は思うようにいかないと思います・・・。

「度重なる怪我・・・」
「結果が出ない日々・・・」


そして、
「前年よりも結果を落とす・・・」

だから、
気持ちを保ちたくても保てない・・・


「このまま私は続けていいのか・・・」
「どうして結果が出ないのか・・・」
「どうして上達しないのか・・・」


そんな、

ネガティブの自問

頭を駆け巡っていると思います。


だから、
頭の中のネガティブな気持ちをなくしたい!

その上で、

目標に向かってモチベーションを保ちたい

願う選手が多いのかなと思います。


ではなぜ、

これだけモチベーションを保ちたいと思いながらも

チベーションが保てないのでしょうか?

 

年間で1000人以上のアスリートと接する中で、

モチベーションを高められない人のある特徴があります。

 

それをある卓球選手の事例を通じて

ご紹介できればと思います。

 

この卓球選手は試合で勝ち続けることができず、

なかなかモチベーションが上がりませんでした。

 

試合で結果が出ないから気持ちが上がらず、

練習もなかなか出来ない状況でした。

 

つまり、

行動するまでに時間がかかる事」です。
 

モチベーションが低い人ど、

目標を立てても行動できてない事が多々あります。


たとえば、
「明確な目標までたてたけど全く行動してない・・・」
「行動しようとしてもいつも言い訳ばかり・・・」


そして、
「知っている事は多くてもやっている事が少ない・・・」

すると、
行動出来てない自分が嫌になりだす・・・
そんな傾向があります。
 

それではに近づいている

実感は持てないですよね?


という事は、

自分でたてた目標次第では

自分を苦しめる事が分かってます。


では、

モチベーションを保っている人は

どんな人が多いのか?


それが、
「思いったら即行動!」です。

 

そのために、

「小さな目標を達成する」ことを

大事にしてもらいました。

 

この卓球選手も、

最初の頃は大きな目標を立てて

達成できない日々に苦しみました。

 

意識が高いからこそ、

目標を高く立てちゃうんですよね。

 

その気持ち自体は悪くないのですが、

そのためにも小さな目標を確実にクリアする

堅実さも兼ね備えておく必要があるのです。

 

その上で大事になるのが、

モチベーションが高まるから

行動するのではないのです。

 

行動するからモチベーションが上がっている。
行動出来るからこそ、そんな自分が好きになる。


そして、
行動するから結果も必ず得られる。
 

そんないい循環を自分で作り出しているのが

モチベーションが高い人になります。


逆にモチベーションが低い人はというと・・・

行動してないからモチベーションが下がる・・・
行動出来てない自分が嫌いになる・・・


そして、
行動しないから結果も出ない・・・
単純な差だと思います。

ただ、

それに気づいてないだけなんです。

 

むしろ、

モチベーションが低いから行動できないと

思い込んでるだけなんですよね。


だからこそ、
「思い立ったら即行動!」

ぜひ、
合言葉にしてみてほしいなと思います^^
 

【このコラムの著者】

プロスポーツメンタルコーチ/一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
代表理事 鈴木颯人
プロ野球選手、オリンピック選手などのトップアスリートだけでなく、アマチュア競技のアスリートのメンタル面もサポート。全日本優勝、世界大会優勝など圧倒的な結果を生み出すメンタルコーチングを提供中。
【プロフィール】フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれました。生まれた国はイギリス。当時から国際色豊かな環境で育って来ました。1歳になる頃には、日本に移住しました・・・。>>続きはこちらから
 
 
 
淡々と冷静にゴルフと向き合う優等生、西郷真央選手 伝説的プロゴルファーであるジャンボ尾崎氏に指導を受け、全国3連覇を成し遂げた中学時‥ 続きを読む
”うつ病”公表後も進化し続けるトップアスリート、大坂なおみ選手 男女通じてアジア人初となる世界ランキング1位‥ 続きを読む
”ダブルゴール”は人生を支えるもの、岩出雅之監督 26年間もの長い間、帝京大学ラグビー部を指導してきた岩出雅‥ 続きを読む
落ち着くための”ネガティブシンキング”、ローリー・マキロイ選手 2015年にフェデックスカップを優勝して以来‥ 続きを読む
格闘技を盛り上げる“天才キックボクサー“、那須川天心選手 数ある格闘技の中でもその迫力から根強い人気を誇るボ‥ 続きを読む
「素直さが足りない」と言われた時の対応 スポーツメンタルコーチの 鈴木颯人です。 サポートする選手は10代から3‥ 続きを読む
才能とハングリーさを併せ持つ侍!久保建英選手 ユース時代に毎年日本で行われるバルセロナキャンプで評価され、バルセロナ選抜としてベルギ‥ 続きを読む
ボクシングを全力で楽しむ世界王者、井上尚弥選手 完璧なボクシングスタイルとその圧倒的な実力で”日本ボクシング界の‥ 続きを読む
カウンセリングルームを構える理由 オンラインが主流となり、 ネットを介してすぐに繋がれる世の中になりました。 便‥ 続きを読む
日本代表の精神的支柱となった吉田麻也選手 今年は4年に一度のW杯ですが、新型コロナウィルスの影響もあり例年の時期ではなく11月21日‥ 続きを読む
探究心が生み出した小柄なホームランバッター、吉田正尚選手 2021年25年ぶりのリーグ優勝を果たしたオリックバッファローズ。そんな素‥ 続きを読む
哲学を纏い最後まで戦った、村田諒太選手 新型コロナウィルスの拡大を受け延期されていたゲンナジー・ゴロフキン選手とのWBA、IBF世界‥ 続きを読む
”世界最高のピッチャー”が未来像、佐々木朗希選手 日本プロ野球記録となる13者連続の奪三振、プロ野球タイ記録‥ 続きを読む
負けん気が強い「和製トラウト」鈴木誠也選手 今シーズン、ポスティングシステムでアメリカに渡った日本代表の主砲鈴木誠也選手。広島カープ‥ 続きを読む
”開き直り”で達成した3度のトリプルスリー、山田哲人選手 スポーツ選手としては、華奢な体付きである山‥ 続きを読む
まるで少年のように野球を楽しむこと、柳田悠岐選手 2015年、2020年にパ・リーグのMVPに輝いた福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐‥ 続きを読む
新庄剛志選手「わいたこら」エピソード 現在の日本球界で注目度No.1と言っても過言ではないのが、今シーズンから北海道日本ハム‥ 続きを読む
強い信念とメンタルの持ち主、坂本勇人選手 今年もプロ野球のシーズンが始まりました。まだスタートしたばかりですが、読売ジャイア‥ 続きを読む

123456789